「今買え!!」弟子の夢を叶えるためにビートたけしさんがとった思いやり溢れる行動とは。。。。

師匠であるビートたけしとの師弟愛を激白。

「僕は北野武ありきなタレントなので」

と語るほど、たけしさんの存在が大きいと

改めて語る枝豆さんは、あるエピソードを披露しています。

それは、枝豆さんがたけしさんの運転手を務めていた頃、

「枝豆お前、クルマ好きなんだろ? なにが欲しいんだ?」

と突然質問をされます。

実は枝豆さん、プライベートで

カーレースに出場するほど大の車好き。

そんな質問に対して「夢はベンツですね」と素直に答えます。

また「(ベンツには)ミディアムクラスっていう

真ん中くらいのがあるんですよ」と付け加えます。

ベンツのミディアムクラスと言えば、

市場に出ている価格としても700~800万円くらいはします。

そのことをたけしさんに伝えると、

「買えるように頑張れよ!」と励まされ、

その会話はそれで終わったかのように思えました。

すると、翌日、再びたけしさんがその話題に触れ、

枝豆さんに対してある質問をします。

「お前、それで買えるようになるのかな~クルマ~?」

いつものようにたけしさんを自宅まで送り届けると、

「ちょっと待てよ」と言い、

家の中まで入っていきます。

どうしたのかな?と

不思議そうに待っていると、

そこには信じられない光景があったのです。

部屋から出てきたたけしさんは、茶色い封筒を持って

きたかと思えば、それを枝豆さんに渡し、こう伝えます。

「欲しいと思う時に買えるのが一番

嬉しいんだから買ってこい! 後で返せばいいから!」

何と、その紙袋の中には、

ベンツの購入資金である800万円が入っていたのです。

懐が広いというか、何というか、

成功する人はこういう器の大きい人なのでしょうね。

それでも800万円は誰が考えたって大金です。

枝豆さんは悩みに悩んだ末、

1週間後、たけしさんにこう伝えたそうです。

「お返しします、

自分で頑張って買います!

ありがとうございます!」

喉から手が出るほど欲しかった

高級車を師匠の優しさによって、

すぐ目の前まで来ていましたが、

枝豆さんが最後に下した決断は「返金」でした。

この弟子の決断を受けたたけしさんは、

「そうか・・・おめーなら

そうすると思ったよ。頑張れよ!」

と優しい一言をかけて、

このエピソードは幕を閉じます。

たけしさんの寛大さだけでなく、

素晴らしい師弟愛に対してもスタジオからは

称賛の声があがっていました。

またそんな師弟愛を裏づけるエピソードとして、

枝豆さんは語っています。

それは、1986年にたけし&たけし軍団が起こした

「フライデー襲撃事件」に関してです。

実はたけし軍団の一員でもあった

枝豆さんですが、一連の事件には不参加。

各々の事情により不参加だったメンバーは

いたものの、枝豆さんに関しては

「家にいたのに連絡が来なかった」のだそうです。

たけしさんを「教祖様みたいな存在」と語る

枝豆さんは、何かあった時には

体を張る覚悟はしていたのだとか。

しかしながら、枝豆さんには連絡が来ずに、

翌日、井出らっきょさんから

電話で事態を知ることになります。

では、何故、枝豆さんにはフライデーを

襲撃するという連絡が来なかったのでしょうか。

その理由は、たけしさんが他の軍団のメンバーに

「枝豆には連絡するな」と言っていたそうです。

たけしさんの為なら体を張る覚悟がある

枝豆さんの気持ちを知ってか知らずかは不明ですが、

自分のために無茶をしようとする

枝豆さんを必死に守りたかったのでしょう。

警察にいる軍団のメンバーをどうにか

助けたかった枝豆さんが動こうとすると、

自宅に一本の電話がかかってきたと言います。

その相手は警察署にいるはずのたけしさんからで、

枝豆さんにこう伝えます。

「枝豆悪い……。

お前らのことは俺が一生面倒見るから勘弁してくれ。

だから今は動かないでくれ」

このやり取りを聞いていたMCの名倉潤さんは

「たぶん、枝豆さんはヤバいと思ってたんですよね」

と納得の表情で語っています。

これら今回明らかとなった2つのエピソードからも、

2人の師弟愛、何よりもビートたけしという

1人の人間の偉大さをうかがい知ることができます。

こんな素晴らしい師匠に恵まれて、

枝豆さんをはじめとするたけし軍団の

メンバーは幸せ者の集まりですよね。

そして、バラエティ番組では無茶苦茶に

行っているイメージのあるたけしさんですが、

こんな素晴らしいエピソードを聞いて、

益々応援したくなります。

70歳と高齢ですが、これからも元気に

多方面で活躍していって欲しいです。

関連記事

return top