「二流芸能人って誰のことや?」出川哲郎が号泣した明石家さんまの一言にグッとくる。。。。

最近好感度が急上昇中なリアクション芸人、出川哲郎さん。

ひと昔前までは抱かれたくない男

ナンバーワンの座を長年守り続けていたほど、

女性からの好感度は最悪でしたが、

最近では一変して女性や小学生たちからも

尊敬され崇められるような存在に。

そんな出川さんが長寿バラエティー番組

「さんまのまんま」に出演した際に

打ち明けたエピソードが

とっても素敵だと話題になっています。

『さんまさんのあの一言で、

僕はここまで頑張ってこれたんです!』

お笑い界の大御所、さんまさんの一言とは

一体どんな言葉だったのでしょうか…

それは、十数年前恋愛トークバラエティ番組

『恋のから騒ぎ』の収録中でのことでした。

この時の番組のトークテーマは

『将来、どんな職業につきたいか』について。

そして、次々とそのテーマについて語られる中、

当時大学生だった女性がある一言を発します。

「私は適当に楽しく暮らしたいから、

二流の芸能人になりたい!」

会場は笑いに包まれるなか、

さんまさんは冷静に問いかけます。

「ちなみに、二流芸能人って誰のことや?」

すると、女性が即答したのが…

「出川哲朗!」

この女性の発言にさんまさんからは

笑顔が消え、真剣な顔をして答えました。

「出川は一流や!」

これは恋のから騒ぎを長年見てきた

ファンの間でも有名な話で、これが唯一

女の子のトークに対して笑いで

返さなかった回だったようです。

ちなみにお笑い界のビッグ3である

ビートたけしさんからも、

「出川は頭いいじゃん」と賞賛されています。

これを聞いていた視聴者からはこんなコメントが集まっています。

出川さんを二流とか思ってる時点でその人三流にすらなれない

自然体なさんまさんから発せられた一言が

多くの人の心にも響いたようですね。

出川さんが多くの人に愛され認められている

ということがわかる、心温まるエピソードでした。

関連記事

return top