「お前に問題を出す。今すぐ答えてみい」松本人志がブチ切れ!”爆笑問題”太田が土下座することになったワケとは…

大物お笑いコンビ、「ダウンタウン」のお二人。

芸能界には共演NGリストという物が存在し、

それを元に番組作りをしていくのですが、

当然のようにアクの強いダウンタウンのお二人にも

共演NGの芸能人は多数存在するのだとか。

そしてダウンタウンとの共演NGリストの中に

”爆笑問題”の名もあり、長い間不仲説が囁かれていました。

共演 NGリストに載っているのはコンビ名ですが、

どうもコンビ同士がというよりも

松本さんと太田光さんの間に一悶着があったようです…

それは今から20年以上前の1994年にまでさかのぼります。

当時爆笑問題のお二人は、

雑誌「ホットドッグプレス」で

コラムを掲載していました。

若い頃は恐いもの知らずな人が

多かったというお笑い芸人達。

爆笑問題のお二人も例外ではありませんでした。

その雑誌のコラムの中でダウンタウンの

松本さんを批判したのです。

「この間もダウンタウンの松本が全身アディダスで

固めて雑誌に出てた。アディダスの広告塔みたいなの。

あの無神経さは信じられない!」

するとこのことを周りのスタッフなどから

聞いて知った松本さんは大激怒。

爆笑問題の2人を楽屋へ呼び出しました。

「お前に問題を出す。今すぐ答えてみい。

今すぐ芸能界を去る。パイプ椅子で殴られる。

この場で土下座する」

その3択を迫られた爆笑問題の2人は

すぐさま土下座をして、その場はなんとか収まったのだとか。

そして時は流れ、2014年3月31日に行われた

「笑っていいとも!グランドフィナーレ!」での出来事。

そこには今まで共演NGと言われ、

一緒の番組で見ることがなかった

ダウンタウンと爆笑問題の姿があったのです。

この時の共演に関しては明石家さんまさんも

このように語っています。

「爆笑問題が出てきたときに

『おい、これ、ダウンタウンと大丈夫か?』と思って、

何か言うたら出て行ってあげなアカンとずっと構えてた」

しかしさんまさんの心配をよそに、

収録は和やかなムード。

その時の様子を共演した複数の芸人の方が

明かしており、千原ジュニアさんは

このように語られています。

「CM中に松本さんが太田さんに

『ありがとな』と声をかけたんですよ。

初めてですよ、そんなん見たの。

松本さんと太田さんは“それ以来”の会話(笑)」

同じく、松村邦洋さんもこのように語っています。

「その太田さんがCMの間で、松本さんに

『いろいろどうもすみません』って言った後にね、

松本さんが『おぉ、おーおーおーおー』って言って

太田さんの肩の胸の辺りをポンポンと 叩いたんですね。

なんかいい雰囲気だなーと」

若い頃はお互いに尖っていたようですが、

時間と共に若手の頃のような角は取れて丸くなり、

当時のことを笑って話せるような

時期がきたのではないでしょうか。

中々普段では見られない大物芸人が

一同に集まった「笑っていいとも!グランドフィナーレ!」

でしたが、是非ともあの時のような

共演がもう一度見てみたいものです。

関連記事

return top