ネットにあふれる誹謗中傷。「その厳しい目を…」髭男爵・山田ルイ53世の名言にぐうの音も出ない!

お笑いコンビ・髭男爵といえば

「ルネッサ~ンス!!」の

貴族ネタでお馴染みですね。

とはいえ最近ではあまりテレビで

見かけることもなくなり、

「一発屋芸人」なんて

揶揄されることも多い彼らですが…。

そんな髭男爵の山田ルイ53世さんが、

2017年6月18日に放送された

『ワイドナショー』に出演、話題になっています。

もともとキレのあるコメントで一部では

有名だったという山田さん、番組でも

その手腕を見事に披露。

中でも、ネット上で見られる

「匿名での誹謗中傷」を取り上げた

ニュースでの名言が、「胸に刺さる」

と大反響を呼んでいます!!

果たして山田ルイ53世さんが語った、

「匿名での誹謗中傷」をする人々に向けた名言とは?

「いま、髭男爵の山田が歩いていた。

一発屋のくせにマスクとサングラスしやがって」

ただ歩いているだけでそんな心無い

誹謗中傷を受けることもあるという山田さん。

「ぼくもやれ面白くないだの

消えただのディスられますよ、

でもこれだけは言いたいんですけど」

そう前置きをした上で、

ネット上で匿名という立場を利用して

誹謗中傷をする人々にこう言葉を発しました。

「その厳しい目、自分自身の人生に向ける勇気ある?」

こ、これは…!

ついネット上では強気になり、

他人に厳しい言葉をかける人たち。

そんな彼らに「自分はどうなの?」と

ぐうの音も出ない正論を問いかけた山田さん。

グサッと胸に刺さった方も多いのではないでしょうか?

顔の見えないというシステムにより、

中傷がはびこりやすいインターネットという場。

でも他人のことをとやかく言うほど

自分は優れた人間なのでしょうか?

山田さんの今回の言葉は、そんなことを

改めて考えさせられる深い言葉です。

関連記事

return top