スポーツ庁のスポーツ基本計画に関する武井壮さんの意見に大反響。「スポーツを嫌いな子だっているよ?」

陸上・十種競技の元日本チャンピオンであり、

現在はタレントとして人気の武井壮さん。

ニュースや社会問題に対しても、

鋭く本質を突いたコメントを発し、

注目を集めることでも有名です。

6月5日放送のワイドショー番組

『バラいろダンディ』(TOKYO MX)にて、

朝日新聞デジタルが掲載した

「スポーツ嫌いダメ? 国の目標波紋」

記事を取り上げ、コメンテーターたちにより

意見が交わされました。

ニュースの元となった「スポーツ基本計画」は

文部科学省内に設立された

スポーツ庁が打ち出している計画。

スポーツ参画人口の拡大を目指し、

「運動嫌いな中学生を半減」

させると目標を掲げています。

しかしこの計画には、

「強制しないで」

といった反発の多く上がっており、

物議をかもしている状況です。

そして番組ではこの問題について、

武井壮さんが語った意見に

大きな反響が寄せられることとなりました。

果たして真のアスリートである武井さんの発言とは?

まぁその、スポーツが大好きで、頑張った人が

言いそうなコト(計画)だなって思います。

そんなにね。スポーツ好きな子ばっかじゃねぇし。

ゲームやってるのが楽しい子もいりゃ、

アニメ見てるのが楽しい子もいれば、

アイドル応援しているのが楽しい子もいれば、

勉強してるのが楽しい子もいるから……

別にスポーツやんなくたって、

人生が豊かにならないってわけじゃない。

す、素晴らしい!!

そうです、スポーツがどうしたって

苦手な子どもだっているのです。

なのに学校という場所は、

「スポーツをしない生徒はよくない」

という意識が蔓延しがちな場所…

ましては庁が義務化するなんて…。

運動が嫌いな子どもたちには

ただの苦痛にしかならないのでは?

体育会系畑の人が、このように意見を

述べてくれることに大きな意味ありますね!

さらに武井さんはスポーツに注力しすぎることへの危惧も。

もし、コレ(計画)を促進するんだったら……。

スポーツってやっぱりね、ある程度、リスクが

あると思ってるんですよ。

そこに本当に没頭しちゃって、

アマチュアスポーツでさ、全然儲からない業界

入っちゃう人もたくさんいるからね。

だったらまずやることって、そこに進んでも、

きちんとね、一般社会人と同じかそれ以上

レベルの生活をできるような仕組みを

つくってから。

それ(仕組み)もろくにないのに

『スポーツやったらいいですよ~いいですよ~』

っていうのは、俺はよくないなって思います。

この武井さんの意見は、

ネット上でも多くの反響を呼びました。

もちろんスポーツは素晴らしいもの。

ただし、それを押し付けるとなると

また意味が変わってくるのではないでしょうか?

今回のように本物のアスリートが

スポーツの良い面、危険な面を語ってくれることで

一石を投じる機会となるといいですね!

関連記事

return top