【衝撃の全容】虐待する母…救いを求める美少女…救う彼…嫉妬する彼女…結末に涙…。

隣室から聞こえてくる不快な音


隣室(ガンッ!!! ガンガン!!!!!)


男「………」カタカタカタ


隣室(…クソ!!……ッシネ!!!…ォマエガッ…………)


男「……………」カタカタカタカタカ


隣室(…ゴメンナサイッ………アッ!……)


男「…………………………騒がしいな」


男「………」カタカタ


男「……………」


男「…………………もしもし? レジデンス×× 6B号室の者ですが」


男「隣の部屋がうるさいんで困ってるんです…………え

え…………ええそうです苦情を伝えてもらえませんか?」

男「6C号室の方です……………はいお願いします……それじゃ」ガチャ

男「………ふぅ」

男「………………」カタカタカタ

男「………ここまでにして寝るか……っと電話だ」Prrr…

男「もしもし………え?10時からですか?でも授業があるんですが………

2割増しですか…でも……」

男「3割?…………OK行きます」

男「はい…はい……それじゃ明日………」ガチャ

男「……寝るか」

隣室(………………ゥルセェッ!!………ガン!!!)

男「……近隣住民への迷惑を考えない不良市民」ボソ

男「…………寝よう」


ーー翌朝


男(今日も今日とて勤労学生……)


男(ん……?)


少女「………」


男(………)チラ


男(……よくエレベーターで出くわす小学生)


男(見るたびにやつれていってる気がするが)


少女「……?」チラ


男(面倒事には関わらないに限る)フイ


ーーバイト先


女「悪いね大学あるのに」


男「目先のバイト代に釣られました」


女「また一人逃げられちゃったせいで大忙しなんだよ」


女「楽な仕事なのに毎度毎度なにが気に食わないのかねぇ?」


男「女さんのセクハラのせいだと思いますよ」


女「セクハラちがう!愛あるコミュニケーションでしょ!いわばラブハラ!」


男「ハラスメントであることは否定しないのかよ」

 

女「今や君だけだよ私についてきてくれるのは」


男「金に釣られてるだけですけどね」


女「ふっ……そんなこと言ってぇ。私の身体目当てなのはわかっている!」


女「このわたしの豊満なわがままボデーを日夜狙っていることは周知の」


男「だまれよチビ」


女「チビ言うな!」


男「こっちの方から片付けていいんですよね」


女「訂正しろ!挿入するぞ包茎野郎!」


男「パイ○ン女に言われたくないですね」


女「見たのか!?どこで!いつ!?」


男「……ふぅ」


男「とりあえず急ぎはこれで終わりですか?」


女「うんありがと!あとは私一人で間に合うから」


男「じゃあ俺は大学行きます」


女「はいよー……っあ!今日は用事あるから夜はいいよ!」


男「了解です」


女「それじゃまた明日ねー!私がいないからって抜きすぎるなよー!」シコシコ


男「その腕の動きをやめろ」
 

次ページへ

関連記事

return top