【マジか!?】小イ呆方晴子の現在が…ヤバイ…人ってこんなに変わるんだ…(画像あり)

1: 2018/03/28(水) 09:51:48.46 0

小保方晴子(おぼかた はるこ、1983年9月25日 – )は、

独立行政法人理化学研究所の元研究員。

学位は早稲田大学博士(工学)であったが、

猶予期間の後、2015年11月に取り消された。

 

78beb8d2-s

 

ハーバード大学医学大学院客員研究員、

理化学研究所発生・再生科学総合センター客員研究員、

同・細胞リプログラミング研究ユニットリーダーとして、

胞子様細胞・刺激惹起性多能性獲得細胞(STAP細胞)の研究に従事。

2014年1月に自身が筆頭著者であるネイチャー誌への論文掲載に伴い、

「リケジョの星」として注目を集めたが、

自身の博士論文も含めて論文不正や研究実態の疑義が問題となった。




2014年1月末にSTAP研究を発表して一躍「時の人」となったが、

その後、様々な研究不正を行っていたと疑われるようになり、

本人同意の上で論文は撤回に至り、一連の現象と細胞は科学的根拠を失った。

画像2点の不正が認定されていたが、

新たな科学的疑義についての調査や小保方自身による検証実験(再現実験)により理化学研究所の
処分検討が一旦停止し、大きな議論となった。





小保方の博士論文に発覚した疑惑に対し、早稲田大学の調査委員会は多数の問題を指摘しその一部を不正認定したうえで、「博士学位を授与されるべき人物に値しない」と断じたものの、学位取り消しは不問と報告した。





2014年10月7日、早稲田大学は小保方の博士号を取り消すと決定した。

しかし、研究指導および学位審査過程に重大な欠陥があったことから、1年程度の猶予期間が設けられ、その間に小保方が再指導・再教育を受けたうえで論文を訂正・再提出し、これが博士論文としてふさわしいものと認められた場合には学位を維持するとしていた。

2015年11月、早稲田大学は小保方の博士号を取り消した。




7fb75ea2



3e385280



f2084722



wiki

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E4%BF%9D%E6%96%B9%E6%99%B4%E5%AD%90

3: 2018/03/28(水) 09:52:26.28 0
ありまぁす!

 次のページへ続きます!

次ページへ

関連記事

return top