【巣窟!?】家出難民の実態! 『神待ち掲示板』が凄すぎた!!!

深夜徘徊を平気で繰り返す若者たち。

実際は泊まるところやお金もなく、第三者の温情により難を逃れている。

しかしその実態はそんな簡単なものではなかった。

 

フリーアナウンサーの宮根誠司がキャストを務める『ミヤネ屋』で、寝屋川事件に関する特集の内容が某巨大掲示板で話題となり、とある斡旋サイトが炎上することがあった。

特集の内容で衝撃だったのが、深夜に街頭インタビューをうける10代少女や若年層たちが映し出されたシーン。

「人がいれば夜間でも出歩く」などといったコメントを悪気もなく話す姿には、同世代の子を持つ親は、さぞかし不安になったことだろう。

さらに深夜徘徊をしている少女たちを狙った大人も少なくなく、そういった少女たちの寝床を提供する、いわゆる『神待ち掲示板』と呼ばれる存在も明らかになった。

「泊める代わりに肉体関係を求める『寝床提供=SEX』」という暗黙の了解があるようで、少女たちもそれを認知しているという。

そんな、アンダーグラウンドな世界を今回は検証してみたいと思う。

『神待ち掲示板』が凄すぎた!

次ページへ

関連記事

return top