【速報】中森明菜にとてつもない文春砲が・・・!これは終わったな…

 
 1: 2018/01/03(水) 08:16:04.59

「今の時代なに? 4Kって。

毛穴なんて全部映っちゃう。

あれって脅迫でしょう(笑)。

昔から女優ライトってあったでしょ。

あんなもんじゃ足らなーい。

絶対にムリムリムリ(笑)」

中森明菜(52)のディナーショーは“自虐トーク”のオンパレードだった――。

 

2016年、7年ぶりとなるディナーショー(7都市10公演)で公の場に復帰した明菜。

デビュー35周年となる17年は、14都市18公演。

「昨年はワイドショーでも話題になり、本人も手応えを感じ満足していた。

今年は自信をもって公演数を拡大。

限界いっぱいまで座席を増やす会場もあった」(スポーツ紙記者)

チケットは3万6000円から5万円とトップクラスの五木ひろしに次ぐ値段。

それでも即日完売というのだから人気は健在だ。

「年1度しか見られない彼女のディナーショーはプラチナチケット。

オークションサイトでは最高13万円で取引されていた」
(同前)

しかしその割に、昨年ほどには話題は盛り上がらず。

その理由を芸能レポーターが解説する。

「17年は本格的な活動をスタートさせると思われたが、そういう動きもなく、年1回のディナーショーとアルバムで稼いでいくことがわかりマスコミはトーンダウン。

ステージも前年同様に生バンドがいないカラオケで、ダンサーもなし。

これで5万円は少し高い」

次のページへ続きます!

次ページへ

関連記事

return top