安室奈美恵、マスコミの“過激取材”に自粛を懇願!「沖縄の家族の自宅に押しかけたり」「姪っ子は待ち伏せされ」これは酷すぎるとの声。

安室奈美恵、マスコミの“過激取材”に自粛を懇願

今月16日に引退が迫った

歌手の安室奈美恵が11日、

マスコミ各社に向けて切実な懇願をした。

それは、安室の親族や関係者への

取材を自粛するように訴える

「お願い」と題した文章で、

オフィシャルサイトに掲載された。

『ねとらぼ』が報じる。

安室さんは、

「16日の引退の日が近づくにつれ、

家族や関係スタッフの方々に

連日取材が続いております」

とマスコミによる取材が

過激化していることを告白。

「沖縄の家族の自宅に押しかけたり、

姪っ子に関しましては待ち伏せされ

取材をされたり、とても

怖い思いをさせてしまっています」

と良識のない方法で取材を試みる

メディアも存在することを明かし、

「私はこれ以上、

家族を怖がらせたり、

関係スタッフの方々に

迷惑をかけたくありません…」

と悲痛な思いを訴えました。

その後も安室さんは、

「どうかお願いです…

もう家族や関係スタッフの方々に

取材をするのは辞めて

頂けないでしょうか…」

「どうかお願い致します…」

と再三にわたって取材の自粛を懇願。

有終の美を飾るべき

引退間近の騒動に心を痛めているようで、

文章の端々からは

安室さんの悲しみが読み取れます。

SNS上では、

「安室ちゃんを困らすヤツは許さん」

「最後の最後になんで笑顔で

送りだしてあげる事が出来ないんだろ?」

「安室ちゃんにこんなこと書かせるな」

「悲しい顔は見たくありません」

「安室ちゃんの身内に迷惑かけるなよ」

「ほんとに止めてあげてください お願いします」

など怒りの声が噴出しています。

関連記事

return top