【もう10年…】ドラえもんがいなくなった世界でのび太は社会人として懸命に働いていた・・・

のび太「ドラえもんが消えて、もう10年か……」

のび太は社会人として懸命に働いていた・・・

 
 
ドラえもんがいなくなった世界

のび太「ドラえもんが消えて、もう10年か……」

思わず、曇り空に向かって呟いてしまった。

高校を卒業した後、僕は大学には行かなかった。確か、ドラえもんは僕が1浪して大学に行くと言ってたけど、大学は到底無理だった。

今僕が働いているのは、しがない中小企業だ。これも、ドラえもんが言っていたのとは違う。就職活動に失敗することもなく、起業することもなく、高校卒業した後に、いとも普通に就職をした。

……まあ、これが人生なのかもしれない。ちょっとしたことで、未来は変わるのかもしれない。
未来ってのは、なんとも脆いものなんだろうな。

会社での生活は、学校の時と何一つ変わらない。

毎日上司に怒られて、落ち込んで……

――だけど、あの頃と違うものもある。

ローカル線沿いにある小さな古いアパートが、今の僕の家だ。

実家から通うことも出来たけど、父さんも母さんももう歳だ。僕が独り立ちすれば少しは安心するだろうし、穏やかな老後を過ごすことが出来るだろう。

薄暗い部屋の電気を付ければ、1Kの小さな部屋に明かりが灯される。

部屋には必要最低限のものしかない。テレビ、冷蔵庫、コンロ、電子レンジ……

寂しい部屋ではあるが、これが、僕の住まいだ。

誰もいない部屋の隅に鞄を置き、スーツのままボロボロの畳に寝転がった。

大人になったのび太の奮闘記…次に続く…!

次ページへ

関連記事

return top