【衝撃的】両親が2歳の女の子の頭部を切断し冷凍保存…その理由に全ネット民が泣いた。。。

 

大切な存在を亡くした時、誰もが一度は「奇跡が起きて生き返ってほしい」、そんな非科学的な願望をもつものだろう。

死とはそれほどに受け入れがたい深い悲しみであり、今日の科学・医学の目覚ましい進歩を見れば、近い将来生き返りも可能になるのではないかと思ってしまう。

亡くした存在が最愛の我が子ともなれば尚更だ。

出来得る限り、考え得る限りの可能性にすがりたいのも察するに余りある。

今回のケースはまさにその最たるもの。

タイの2歳の女の子の両親は、亡くした娘の遺体を冷凍保存する道を選んだのだ。

若年者特有の脳腫瘍と診断された2歳の女の子

今回、アメリカの団体「アルコー延命財団」によって冷凍保存されたのは、2015年1月に亡くなったタイの2歳の女の子、マセリンちゃんだ。

マセリンちゃんは、2014年4月、原始神経外胚葉性腫瘍(PNET)という悪性の脳腫瘍と診断されて以来、12回に及ぶ手術や化学療法・放射線療法を小さな体で乗り越えてきたのだそう。

しかし、その闘病も虚しく、マセリンちゃんは短い生涯に幕を閉じることとなってしまった。

▼▼▼…..次へ▼▼▼

次ページへ

関連記事

return top