おめでとう、ドラえもん。

ハッピーバースデー、ドラえもん。

何歳になったの? ってまだ生まれてません。

2012年9月3日は、国民的キャラクター「ドラえもん」の生誕100年前! 

そんなドラえもんに昨日、生誕100年前記念として川崎市から「特別住民票」が交付されました

(※川崎市は作者である藤子・F・不二雄先生(以下、F先生)が長年居を構えた場所であり、

昨年オープンした藤子・F・不二雄ミュージアムがある、ドラえもん縁の地です)。

この特別住民票、川崎市ホームページで今月30日まで無料ダウンロードできるほか、川崎市内の9つの施設でも記念に無料配布されています。

その数、12万9300枚。

なぜこの枚数なのか、そもそもなぜ2112年9月3日が誕生日なのか……

ドラえもん豆知識としては初級編ともいえる設定なのでご存知の方も多いと思いますが、

「1293」がドラえもんにまつわる数字の鍵だからですよね。


身長・体重・胸囲が「129.3cm」で統一されているのは特別住民票にも記されている有名な話。

さらに掘り下げれば、ネズミを見たときのジャンプ力(129.3cm)や走る速度(129.3km/h)までも同じ「1293」です。

これは連載当時の小学4年生の平均身長が129.3cmだったからであり、

のび太や読者と同じ目線である、というメッセージが込められています。

といっても、当然この設定は後づけです。

1995年に描かれた映画「2112年ドラえもん誕生」のコミックス版あとがきで、F先生自身が次のように記しています。

ドラえもん「えもん」の理由

次ページへ

関連記事

return top