【手つなぎデート】女優・斉藤由貴に不倫交際疑惑が!?お相手が意外な人物だった!(画像あり)

【週刊文春】「敬虔なモルモン教徒」女優・斉藤由貴が50代開業医と不倫交際疑惑

 
女優の斉藤由貴(50)に不倫疑惑があることが「週刊文春」の取材でわかった。

敬虔なモルモン教徒としても知られる斉藤は1994年に2歳上の信者・B氏と結婚し、一男二女をもうけている。 

 
斉藤由貴(さいとう ゆき、1966年9月10日 – )は、日本の女優、歌手。

本名、小井 由貴(いさらい ゆき)旧姓、斉藤。

斉藤由貴 プロフィール

神奈川県出身。

東宝芸能所属。

神奈川県立清水ヶ丘高等学校(現・神奈川県立横浜清陵総合高等学校)卒業。

趣味・特技は作詞・イラスト・読書・詩を書くことなど。左利き。

1984年、 少年マガジン(講談社)第3回ミスマガジンでグランプリを獲得し、芸能界入り。

10月、明星食品「青春という名のラーメン・胸騒ぎチャーシュー」のCMでテレビ初登場。

1985年2月、「卒業」で歌手デビュー。

同曲はオリコンで最高6位を記録し、約30万枚のヒットとなる。

同年4月放送開始の『スケバン刑事』で連続ドラマ初主演。

また同年12月には初の主演映画『雪の断章 -情熱-』が公開された。

 

img_0

1986年、4月からNHK朝の連続テレビ小説『はね駒』のヒロインを演じた。

3月に発売した「悲しみよこんにちは」で、12月に『第37回NHK紅白歌合戦』へ初出場、紅組キャプテンも務めた。

同曲は、テレビアニメ『めぞん一刻』の主題歌に起用された。

1989年5月、主演テレビドラマ『湘南物語』の主題歌で、井上陽水のカバー曲「夢の中へ」をリリース。

自身最大のヒット曲となった。

1990年代以降、女優として映画・テレビ・舞台に出演、詩作活動やナレーターなど幅広く活躍。

作詞家としてミュージカルの作詞や、同世代の女性歌手にも作品を提供している。

1994年12月に一般男性の小井延安さんと結婚。旦那とは宗教であるモルモン教をきっかけに出会った。

現在は3児の母となっている。

長女は1999年11月、長男は2000年10月、次女は2004年11月.の生まれ、名前や顔写真や通っている学校名は公開していない。

しかし、学校は2010年のはなまるマーケット出演時、子供が小学校で中国語を習っていると語り、子供の学校は中国系の小学校、具体的には中華同文学校ではないかと言われている。

2008年3月8日、PARCO劇場にて単独では結婚以来13年ぶりのコンサートを開催、翌日に追加公演を行った。

wiki

不倫疑惑の詳細は次のページへ

次ページへ

関連記事

return top