【現在の姿…人相が…。】清原和博が衝撃のカミングアウト…まだかさぶた…震えが止まらない…。(画像)

名称未設定

【野球】清原和博 何度も「自刹」を考えた

「薬物依存症とうつ」と闘う日々を支えた「甲子園への思い」

清原和博(きよはら かずひろ、1967年8月18日 – )は、

大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手(内野手)、

野球評論家、タレント。

プロ野球選手時代は西武、巨人、オリックスに所属していた。

XyITPodJ2U5FkAu_20072

 

2014年3月、2型糖尿病のため入院し、

毎日の血糖値測定と一日一回はインスリン注射が必要なことを明かした。

また、同時に入院については違法薬物使用疑惑が週刊文春に

よって報じられた(2014年3月13日号)が、

否定しており訴訟する意向を示した。

no title

2015年3月16日から四国霊場八十八カ所を巡る遍路に取り組む。

「区切り打ち」と呼ばれる、行程を何度かに分けて歩く巡拝方法をとる。

 

同年4月3日、『中居正広の金曜日のスマたちへ』に1年ぶりのテレビ出演。

「自分自身を否定するようになった」

「ここまで悪く書かれるならいっそタヒんでしまおうと思った」と当時を語り、

「息子がいなかったら、この世にはいなかった」と語っていたことから、

自刹まで考えていたことが明らかとなった。

2016年2月3日、

マンションの自宅にて覚せい剤取締法違反(所持)現行犯で逮捕された。

前述の通り疑惑が出てから一貫して否定していたなかでの逮捕だった為、

野球界や芸能界に衝撃が走った。

警視庁組織犯罪対策第5課は週刊文春による疑惑報道を受け、

一年にわたる内偵捜査を続けた末、

容疑が固まったとして踏み込み、

結果、現行犯逮捕につながったという。

wiki
 
 
つづきは次のページへ

次ページへ

関連記事

return top