小柳ルミ子がサッカー解説で副音声初挑戦

小柳 ルミ子(こやなぎ ルミこ:1952/7/2生) 

 

本名は小柳 留美子。
 
日本の歌手、女優である。
 
koyanagirumiko

別名:rumico。福岡市早良区(当時は西区)生まれ。

 
愛称:ルミちゃん。

 
1970年 宝塚音楽学校を首席で卒業。
 
同期には元専科の萬あきら、女優の麻実れい、東千晃らがいる。
 
歌手デビューが約束されていたが、初舞台だけは踏みなさいと言われ、そのまま「夏川るみ」の名で宝塚歌劇団に入団し、2ヶ月で退団した。

歌手デビューを当初から念頭においており、小柳にとって宝塚は歌や演技の鍛錬を積むためのいわゆる腰掛けであった。

1970年 歌手デビューの前に顔を売るためにNHK連続テレビ小説『虹』で女優としてデビュー。
1971年 ワーナー・ブラザース・パイオニア(現在のワーナーミュージック・ジャパン)の邦楽部門初の歌手として契約。
 
 
作曲家平尾昌晃のプロデュースにより「わたしの城下町」で歌手デビューし、160万枚の大ヒットとなる。
 
 
41hiFqvVfoL

1989年 13歳年下の無名のダンサーであった大澄賢也と電撃結婚。

 
oosumi

2000年 離婚となる。

小柳 ルミ子 – Wikipedia

 
⬇︎⬇︎続きはこちら⬇︎⬇︎

次ページへ

関連記事

return top