矢口真里の不倫はあの漫画のせい? 知ったかぶりで叩かれた過去は?!

1990年代後半に大人気だったモーニング娘。のメンバーだった矢口真里さん。

 

グループ脱退後もタレントとして活動を続けています。

注目度も高く、ファンもアンチも多い矢口さんには色々なエピソードがありますが、どういったものがあったのか?

 

振り返ってみましょう。

 

プロフィール

 

出生名:矢口真里

出生日:1983年1月20日(34歳)

血液型:A型

出身地:神奈川県

ジャンル:J-POP

職業:歌手・タレント

活動期間:1998年 – 2013年10月

2014年10月 –

事務所:アップフロントプロモーション
(1998年 – 2013年9月)

アップフロントクリエイト
(2013年10月 – )

 

1998年5月、保田圭、市井紗耶香と共にモーニング娘。の第2期メンバーとして加入。

 

10月、石黒彩、飯田圭織とグループ内ユニットタンポポを結成しました。

 

12月31日、モーニング娘。

 

として、第40回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。

 

『NHK紅白歌合戦』初出場。

 

2000年7月、辻希美、加護亜依と3人組ユニットミニモニ。を結成、リーダーとなります。

 

2005年1月30日、飯田圭織(第2代リーダー)のグループ卒業の後を受けて、モーニング娘。の第3代リーダーに就任するも、4月14日、翌日発売の写真週刊誌『フライデー』に、矢口の写真に関する記事が掲載され、矢口はモーニング娘。を脱退することが発表されました。

⬇︎⬇︎不倫の理由は「ワンピース」のせい?⬇︎⬇︎

次ページへ

関連記事

return top