【底知れぬ闇】中国で川の水をぜんぶ抜いた結果…とんでもないものが大量に出てくる…恐い(画像あり)

 

猫を飼いたいならまず
知っておくべき7つの基本事項

猫は室内で飼うスタイルを守ってみよう

猫を飼いたいときには、今の生活スタイルの中で世話の問題や匂いのこと、鳴き声や経済的な余裕などを見定めていきます。民法では「動物占有者責任」によって飼い主の義務が決められています。

動物の習性、生態、生理に従った管理をする、適正な飼い方をすることを条件として、飼ってもよいと認められています。しかし、外歩きが習性だとすれば猫が外出した事実を証明することは困難なことです。

そして、屋外でフンやおしっこをしても猫を特定して罰することは難しくなります。その一方で、外で猫が貰ってくる病気や怪我、ノミや寄生虫のことを考えると、猫を外出させることはデメリットになってしまいます。

 

飼い主の意向に沿った猫砂を選んでみよう

猫を飼いたいときには、猫砂の選定が先決です。維持コストや、尿を吸収する方式の違いや、発色して固まる性質などの猫砂があります。猫の遺伝情報では、砂の上に排泄することがインプットされています。

猫は砂地やそれに類するところに排泄を試みます。トイレの猫砂はそういう意味では理想に近いものになります。猫砂は作られている材料により異なった幾つかの種類があります。パルプ、ゼオライト、木屑などで作られた猫砂があります。

猫砂の選定は飼い主の意向が優先されます。それは、使用済の猫砂を可燃ゴミや不燃ゴミで処理したり、土に還したり、再利用など様々な処理の方法により決まります。

 

初めにトイレのしつけを教えてみよう

家猫として飼いたいときには、トイレのしつけを最初の段階で教えます。トイレの位置が分からずに、どこにでも糞や尿をしたら後始末は大変になります。そうならないために猫にトイレの場所をしっかりとしつけます。

それには猫の4つのトイレサインを見逃さないことです。猫が床の匂いを嗅ぎ出したり、床を爪でひっかいたり、挙動不審な動きを見せ始めたり、お尻をむずむずさせる素振りなどのサインを見つけることです。

それらの素振りを見つけたら、素早く猫を抱き上げてトイレの猫砂の上に下してみます。一度トイレの猫砂に猫のフンやおしっこの臭いが残れば、次回からはトイレでの排泄をきちんとできるようになっていきます。

 

毛づくろいするメンテナンス動作を理解してみよう

猫を飼いたいときには、猫の身づくろいを知ることが必要です。身づくろいは体をメンテナンスすることです。毛づくろい、爪とぎ、日向ぼっこの3つに代表されます。猫の毛づくろいは次の様な効果があります。

抜け毛やゴミの掃除を兼ねて毛の感覚を研ぎ澄ます。気持ちの高ぶりを抑える。夏場は唾液の気化熱で体温調節する。静電気を除去する。ノミの繁殖を防ぐ。なめて皮膚の血流を促進するなどになります。

また、猫が複数いる時にはその効果は違ったものがあります。自分で手入れが困難な部位の頭や首がメインになります。そこで、それを活用して頭や首を撫でることや、掻いたりすると猫は喜んで満足してくれます。

 

爪とぎの自己主張を理解してみよう

猫を飼いたいときには、猫の爪とぎを理解しましょう。爪とぎは生後5週齢ころから見られる行為です。その理由は、爪の手入れの古爪の外層を取り除く。縄張りの主張で壁などを傷つけて自分の臭いづけ。

爪で壁などを傷つけるマーキング行為。自己主張のためのパフォーマンス行為。背伸びを兼ねてのストレッチ行為。飼い主の関心を引くためにわざとする動作。などの多様な意味を持つ行動を意味しています。

爪とぎそのものは止めさせられません。しかし、爪とぎする壁などを守る方法はあります。壁を板で保護する。猫が嫌う忌避剤を吹きつけることです。そして、別に用意した爪とぎ専用の用具を与えてみることです。

 

日向ぼっこの習慣を認めてみよう

猫を飼いたいときには、猫の日向ぼっこを理解しましょう。日向ぼっこは無駄なエネルギー消費を抑える働きがあって、省エネによる体温調節によって活動エネルギーを温存できる効果があります。

また、陽を浴びることで紫外線によって被毛を殺菌する作用があります。そして、毛に付いた水分を陽の赤外線によって蒸発させて、皮膚の健康状態をよくして皮膚病予防の効果が期待されます。

猫の日向ぼっこは、飼い主からしてみても心温まる癒しの風景になります。日向ぼっこを嫌がる猫はいません。できれば日当たりのよい場所を、猫のお昼寝スペースとして確保してやることも必要になります。

 

不用意な大声で叱らないでみよう

猫を飼いたいときには、猫を叱らないことが大切になります。猫は大きな声に怯えます。なぜ大声で叫んでいるのか分からないのです。トイレを覚えられないときなどに、大声に反応して排尿を我慢してしまいます。

それらで病気になることもあります。一方、粗相したら拭き取って消臭剤を吹きつけます。消臭剤の代わりにアロマオイルやエッセンシャルオイルは禁忌になります。猫にとってよくない成分が含まれているからです。

不用意な大きな声は極力発しないことです。猫は飼い主の気持ちの苛立ちを直ぐに察知します。猫と接するときは、何も分からない赤ちゃんだと思って、気持ちを大らかにして接する気持ちが大切になります。

 

いかがでしたか。猫を飼いたい気持ちは固まってきましたか。猫は家猫として飼育されるものです。トイレのしつけをしました。上手くできると飼い主として肩の荷が下ります。そして、猫の健康を考慮したキャットフード。猫砂の処理の方法による猫砂選び。

猫トイレの形の選定。それらはどれもよく吟味して決めるものです。病気の予防には予防注射を受診することが大切です。また、子猫も年頃になるとさかりを迎えます。オスはマーキング、メスは子どもを産みます。

回避する手段の一つに避妊手術があります。避妊手術は飼い主の判断に任されます。さて、猫を飼いたいときに知っておくべきことを、かいつまんで述べてきました。

引用元

 

次ページへ

関連記事

return top