【生々しい】キムヨナの最終形態がこちら・・・・もう原型ないじゃん…(衝撃画像あり)

今から数年前、アメリカ軍兵士のエドワードさんがアフガニスタンに到着した直後に、

生後数ヶ月の野良猫を見つけました。

エドワードさんはすぐに猫に心を奪われ、猫に『マウストラップ』と名づけて可愛がり始めました。

「私は居住区域の物陰でマウストラップを見つけました。

私は彼女を捕まえようとしましたが、彼女は野良としての生活が長かったため、

なかなか気を許してくれませんでした。

しかし、彼女の近くに食べ物を置いておくと、翌朝には綺麗に無くなっていました」とエドワードさんは言いました。

結局、マウストラップがエドワードさんを受け入れるまでに、3ヶ月もかかったそうです。

 

マウストラップは優れた嗅覚を持っていました。

そのため人間の食事の時間になると、いつもひょっこりと姿を現すそうです。

 

「派遣先での暮らしは毎日が緊張の連続でしたが、彼女はいつも私達のところにやって来て笑顔を見せてくれました。

 

そして、彼女が一緒にいる時は、まるで自宅にいる時のような穏やかな気持ちになりました。」

 

しかし、エドワードさんが派遣の任務を終了し、母国に帰るための荷造りをしていた時、マウストラップが突然姿を消しました。

 

3日経ってもマウストラップが帰ってこなかったため、エドワードさんはとても心配したそうです。

 

「私はマウストラップが誰かに保護されたのかもしれないと思っていました。

しかし、私が最後の掃除をしていると、

彼女がどこからともなく現れて、近くにあったコンクリートの上に座ったのです。

その後、彼女は私のリュックの上に乗って、

何かを訴えかけるような目で私を見つめてきました。

私はそんな彼女の姿を見て、この地に彼女を残しておくことができなくなりました。」

 

エドワードさんは帰国する2日前に、アフガニスタンで活動する動物保護団体『ナウザッド』のことを知りました。

エドワードさんはすぐに160km離れた保護団体の施設にタクシーで向かいました。

 

そして、自分が母国に帰った後に、マウストラップを送り届けてもらいたいとお願いしたのです。

 

その後、保護団体の助けによって、マウストラップは無事にエドワードさんの待つアメリカにたどり着きました。

 

そして、ふたりはついにエドワードさんの自宅で再会したのです!

 

マウストラップは新しい家で先住猫に出会い、すぐに兄弟になりました。

どうやらマウストラップは、優しい家族と新しい環境がとても気に入ったようです。

 

エドワードさんは元々、動物達への深い愛情の持ち主で、昔から近所の野良猫達の世話をして、

避妊や虚勢の活動を行なってきました。

また、家猫生活が送れそうな野良猫には、新しい里親さんを探してあげるそうです。

 

「アフガニスタンで迷子だったマウストラップは、すっかり甘えん坊になりました。

 

私は彼女を自宅に連れて帰ることができて、本当に良かったと感じています。

私はこれからも犬や猫が幸せに暮らせるように、動物達の世話を続けていこうと思っています。」

 

こうしてマウストラップは優しいエドワードさんのおかげで、最高の家を見つけることができました。

遠い異国の地に来たマウストラップですが、大好きなエドワードさんのいる場所が、

彼女にとっての我が家なのかもしれませんね(*´ω`*)

引用元

 

次ページへ

関連記事

return top