【バカども見ろw】ひとり暮らししている女性の実態がこれだ・・・(画像あり)

10才の猫・マジェスティは、野良猫だったところを発見され安楽死させられそうだったところを『The Odd Cat Sanctuary』(マサチューセッツにある猫サンクチュアリ)に保護されました。



発見された当初、マジェスティは『心雑音、歯に重い疾患がある猫』とリストされていました。

しかしThe Odd Cat Sanctuaryが獣医に連れて行くと、心臓は至って健康で雑音は全くないことが分かったのです。そして抜歯をともなう適切な処置を受け、ピカピカのきれいな歯になりました。

誰かに会うたびにのどをゴロゴロ鳴らし、頭をコツンと当ててあいさつする人好きのマジェスティ。誰よりも愛されることを求めているのです。


その後里親のもとでケアが行われることになりました。

サンクチュアリにやってきて以来ずっとゴキゲンでのどを鳴らし、自分から積極的にすり寄っていきます。かまってほしくて、部屋の中にいる誰かにいつも甘えたそうにしています。


「とても愛らしい性格をした猫です。誰とでも仲良くなることができ、特に子供たちと遊ぶのが好きなようです」とスタッフが話します。

「絶え間なくのどをゴロゴロ鳴らし、抱っこを求めます。穏やかで優しい子です」



12月初旬にFacebookにマジェスティのストーリーを投稿し、飼い主を募集しましたが、返事はありません。こんなにかわいい良い子がなぜ誰の関心もひくことができないのか、スタッフたちは悲しく思っています。しかしいつかきっと誰かが名乗り出てくれると信じています。

サンクチュアリの中でも最も心が広く、辛い過去を持っているにもかかわらず、いつでも人に優しく接することができます。



マジェスティはシャムのミックスで少し寄り目がちですが、健康に影響はありません。

抱っこが大好きで人が大好き。ニャアニャア会話して楽しみます。


マジェスティのクリスマスのお願いはもちろん『家族ができますように』。10才のシニア猫は、余生をいっしょに過ごしてくれる人が現れてくれる日を心待ちにしています。

 
 
 

次ページへ

関連記事

return top