【母が娘に送る】『恋人と夫婦の違い』メモ→『まさにコレ!』と言いたくなるほど的確すぎる!!これは必見!

1829

Twitterユーザーのrie(@ar_baby64)さんがお母さんから送られたという、「恋人」と「夫婦」の違いを示したメモを公開しました。それがとても大きな反響を呼んでいます。

このユーザーさんは結婚し、すでに結婚し子どももいるようです。メモを見た感想として、「本当、まさにコレよね」とコメント。 書き送ってくれたメモとともに投稿されました。

一般的に恋人関係から発展してなるものが「夫婦」。もちろん別の形を選び続けるパートナーもいるでしょうが、 大判の場合は「結婚し夫婦となる」ことがひとまずゴールと考えている人も多いはずです。

結婚をゴールインというように表現したりしますよね。 今回はそんな「恋人」と「夫婦」の関係や違いについてまとめてみました。

「恋人」と「夫婦」は別ステージ

結婚する前の段階はいわば「お付き合い」の状態。愛し合って、お互いがお互いを見つめ合っている関係。興味や関心が相手に向いています。 一方、夫婦関係になると…。

基本的には変わりませんが、「見る方向」が大きく変わります。「お互いを見つめていた状態」が、結婚すると「ともに社会を見る」方向へと変わっていきます。社会という大きな壁を手をつないで協力しながら立ち向かっていくイメージです。

 

koihuuhu1

 

夫婦関係ともなれば1つ屋根の下で一緒に暮らすことになりますよね。雨の日も、風の日も、どんな日も…。ケンカしても恋人関係のときは部屋を飛び出してしまえばよかった。でも夫婦になればそうはいきません。

飛び出しても帰るところは一つ。別れるともなれば様々な壁があり、容易ではありません。「財布」についても「2つ」だった財布が「1つ」に。つまり家庭を運営していくための1つの財布となるんです。 これが「生計を一にする」という事となり、身勝手なお金の使い方はできなくなります。

「恋人と夫婦の違い」の適格すぎる母のメモ

恋人と夫婦の違いは意外と多いです。「夢」と「現実」なんてまさにその通りです。両者の違いが15項目にわたってつづられています。「不安」が「不満」に変わったり、「快楽」が「忍耐と寛容」に変わったり…。

耐えなければならないことも多いようです。その中で、「ときめきをくれる関係」が「信頼や安心をくれる関係」に変わったり、「運命共同体」になったりとより関係が深くなることを示したものもあるようです。

「少し気になること」が結婚後に「とても気になること」に変化し、エスカレートすると「許せない!!」ことに…。これがとても危険なポイントです。自分をよく見せようと知らず知らずに無理をした結果、「素」が見えてそれが「不満」へとつながってしまうんです。

「結婚前は相手を両目でよく見て、結婚したら片目をつむる」などと昔からよく言われりしますが、多少のことには目をつむり、相手のよいところを一生懸命見つけてそこを褒める。これが、夫婦にとって一番大切なことなのかもしれませんね。

ネット上で大反響!

この適格なメモに大反響を呼んでいます。ユーザーさんも「まさにコレよね!!」とコメント。「学校で教えてくれたらいいのに」なんていうおもしろいコメントまでありました。

このツイートは6月30日に投稿され、7月1日12時の時点で2万4,200件以上のリツイートと3万5,000件以上の「いいね」を集めたそうです。なんとも深い1つ1つの項目にいろいろとかんがえさせられますよね。

ユーザーさんのお母さんが書かれた今回のメモもふくめ、しっかりと心のとめて今後の夫婦生活を送っていきたいものです。このメモについてあなたはどう思いましたか?

 

 

 

 

 

引用元:http://mizunews.jp/

関連記事

return top