【※潜入調査】最近流行りの『レンタル彼女』を試した結果、とんでもない展開に・・・【※画像あり】

495

最近流行りの『レンタル彼女』!体験したら、とんでもない実態が判明した。

最近流行りの『レンタル彼女』

最近、『レンタル彼女』というものが流行しつつあります。
さぁて、どんなモノなのでしょうか?

40代の男性が『レンタル彼女』を体験しました。
その方の体験記から、レンタル彼女の、実態を研究してみます。

40代の男性の方です。
「世間の人達が、利用する郵便局で働いて、
佐川急便で全国発送業務をこなす肉体労働の日々」を送られている方です。

●責任は重く、ストレスも溜まる。
●パチンコが気分転換だ
●パチンコ通いにも飽きた

そうしたときに、
「何か面白いことして気晴らしをしたい」
と、考えても、誰にも気兼ねは要りません。

 

出典:ytimg.com

 

そんなときに、携帯で、レンタル彼女を検索して見ましたら、

簡単にいえば彼女代行であり、規定の料金を払ってお好みのキャストとデートを楽しむというものだ。

出典:ビジネスジャーナル
と、ありました。

料金を見ると、
●指名料金は1時間5,000円
●デートの受付は2時間
等となっており、交通費とデートの諸費用はお客さん負担であった。

その様な宣伝を見て、この40代男性は、
『レンタル彼女』のシステムを利用してみました。

その手続きは、デートの約束を会社へ申し込み、
メールが来るとの手順でした。

 

待ち合わせの時間と場所:19時に○○
デートの内容と時間:居酒屋××で食事、2時間
等とメールでやり取りをする方法のようです。

 

この40代の男性には、過去に結婚し、
奥様と死別された経験があったんです。

その奥様は、ミナミ(大阪の難波のこと)で、
水商売をされていたそうで、借金も多かったそうなのです。

この男性は、一緒に負債を背負い、
入籍して3年、一生懸命返済し、やっと完済の目途も立ったときに、

奥様がお亡くなりになりました。交通事故でした。
この男性(ご主人)を迎えに行き、同乗中の交通事故で、
即死だったそうです。この男性は、命は助かったそうです。

それ以降は、我を失い、頭が真っ白になったそうです。
何をしていいのか分からず、奥さんの存在が頭から離れなかった。

そんなときに、このレンタル彼女を利用しました。

女性とは、10年以上も話すことがなかったそうで、
とても新鮮な気持ちになれたそうです。

居酒屋でレンタル彼女さんと、過ごした時間は、
その様な寂しい男性にとっては、心温まる一時だったようです。

初めて体験したレンタル彼女は、空っぽだった俺の心を埋めてくれた。
高料金ゆえ、月に何度も会うことは出来ない。

 

この男性は、奥さんに対する愛情が強い余り、
奥様が亡くなってから、女性と接する機会がありませんでした。

その様な男性にとって、『レンタル彼女』は、
とても、ほんわかと出来る女性との時間を提供してくれるシステムでした。

この様な男女のふれあいをビジネスにしたのがレンタル彼女でした。
ネットの反応

 

・援助○○にならないように!
・これは、男女の出会いに違いない
・きっかけは、ここからやなぁ
・水商売の一種の変形やろがぁ~

寂しい男性のためです。女性と会話する機会のない男性にとっては、
砂漠のオアシスのようなもの。本当に1日デートを楽しんだ気持ちになれます。

 

 

 

 

引用元:http://mizunews.jp/

関連記事

return top