【15選】我慢のスキルが異常に高い 甘え下手な長女の主張

Cut2017_1204_0255_00

一般的に、しっかりしているイメージがある『長女』。

小さい頃から弟や妹の面倒を見て、両親が笑顔になるように振る舞うことが得意な立ち位置にいます。

面倒見の良さから、好きになった人に「お母さんみたい」なんて言われることもあり、

行き過ぎたお節介をしてしまうこともしばしば。

器用に見えて実は不器用、そんな長女の15の主張をご紹介します。

身近にいる長女を思い浮かべて読んでみてください。

 

長女の主張【15選】

実は面倒くさがり

しっかり者、頼れる存在と思われがちだが、実は面倒くさがり。途中で投げ出すこともある。でも結局気になって最後までちゃんとやる。

 

口癖は『大丈夫』

大丈夫じゃないのに『大丈夫』と言う。そして、大丈夫じゃないことに気付いてほしい。

 

我慢のスキルが異常に高い

1に我慢、2に我慢。とにかく我慢が染み付いている。そして突然爆発する。

 

人前では泣かない

人前で泣くのは苦手、でも本当はすごく泣きたい。泣く場所は布団の中、お風呂、トイレで声を押し殺して号泣。

 

甘え下手

甘える自分が想像できない。でもすごく甘えたい。「甘えていいよ」と言われても、甘え方が分からない。

 

頼り方が分からない

人に頼るのが苦手で、他人に迷惑をかけると尋常じゃないほど落ち込む。頼られると嬉しくて人一倍張り切る。そして空回り。

 

サツキの気持ちが痛いほど分かる

『となりのトトロ』のサツキの気持ちが痛いほど分かる。特に「メイのバカ!もう知らない!」に激しく共感。

 

一人称が「お姉ちゃん」

良くも悪くも「お姉ちゃんなんだから」と言われて育った。喧嘩して、自分が悪くなくても怒られる。

 

実は毒舌

言いたいことはハッキリ言う。時にハッキリ言い過ぎる。

 

荷物が重い

なぜか荷物重い。そして大事なものを忘れる。

 

年上が好き

お兄ちゃんは永遠の憧れ、年下よりも年上が好き。なのに面倒見が良いせいで、甘え上手の年下ダメ男に引っかかる。

 

他人優先

自分が辛くても他人優先。他人の悲しみも一緒に背負って苦しくなる。優しさが過ぎる。

 

一人の時間が大事

他人の顔色が気になる。だから一人の時間が大事。なのに、寂しがり屋で構いたがり。

 

次ページへ

関連記事

return top