【新たな真相】SMAP解散の裏側は色々とドロドロだったのか!?

new_a2d0d676-580x377

一度は解散危機を乗り越えたが、やはりノーサイドで元の鞘に収まるというわけにはいかなかった。

個性がバラバラの5人をまとめていたマネジャーを失い、国民的グループは空中分解してしまった。

『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)のコーナー、“ビストロスマップ”の最後のゲストはタモリ(71)だった。

料理を食べて判定を出す際に、「おれはできない」と何度も固辞し、判定はお流れに。

とりあえずビールで乾杯、お互いグラスをカチンカチンと合わせたのだが…。

 

「テーブルに向かって左端に木村、右端に香取。二人がグラスを合わせることはなかった。

距離も遠かったのですが、どちらが動けばグラスを合わせることはできたはずですけど」(制作関係者)

 

この日、香取慎吾(39)はテンション高くグラスのビールを一気飲み。

3杯目を飲み干し、4杯目を飲もうとすると、中居正広(44)が「何杯目なの!?」

「そこからは自腹だぞ」と言って笑いに運んだ。

smap-syazai-kaisan0

「ところが香取は4杯目を手にし、やにわに『カンパ~イ!』と立ち上がってみんなのグラスに当てに行った。

木村の隣の稲垣に当てるまでは画像でも分かった。でも、その隣の木村のグラスに当てたようには見えなかったのです」(同・関係者)

 

この日の座り位置は左から木村、稲垣、中居、タモリ、草彅、香取だ。

 

「テーブルにはグラスがいくつもあって、手にしたグラス同士で乾杯したのはタモリと草彅だけ。

中居、稲垣、そして木村は目の前のグラスに当てられただけなので、映像でも分かりにくいのですが…」(同・関係者)

 

グラスに当てたかどうかよりも衝撃的だったのは、木村の態度だ。

香取がグラスを当てようとしたとき木村はそっぽを向き、グラスに目を向けていなかった。

次ページへ

関連記事

return top