蓮舫「二重国籍」問題がやばい展開wwwww(画像あり)

47b3aaa1-s

蓮舫、国籍法・公選法違反の疑いが限りなく濃厚にwwwwwwwwwwwww

79757c1a

1: 2017/07/18(火) 19:35:58.34 ID:fTX65Stb0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典

アゴラ@agora_japan 
【速報】民進党の蓮舫代表が記者会見。アゴラが求めていた、戸籍謄本の一部、台湾籍の離脱証明書、台湾当局に提出したパスポート等のコピーを報道陣に開示した。国籍選択宣言日は、昨年10月7日。 

【蓮舫氏「二重国籍」会見詳報(3)】 
http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180041-n1.html 

--昨年10月7日に国籍選択宣言をしたということは、二重国籍の状態でその時期までいたということになる。2004(平成16)年の選挙公報には『台湾籍から帰化』と、結果として事実と異なる経歴を表示していた。そのことに対する政治責任は。オーストラリアでは二重国籍が発覚した議員が退職を表明した「国籍法に関しては、手続きを怠っていたのは事実だが、故意に怠っていたわけではない。17歳の時に日本国籍を取得してからずっと台湾籍が放棄したものだと思っていた。思ったままだった。その中で2004年から政治家をさせていただいたときに公報に書かせていただいた部分は、台湾から日本人になったという部分で、日本国籍取得を『帰化』として使わせていただいたという認識で、それ以上深いものではなかったと思っている。そこに故意性はないとご理解いただければ」「オーストラリアの件に関しては憲法違反だったと思うので、その評価は私にはちょっと…」 

http://agora-web.jp/archives/2027250.html 

日本の国籍法は二重国籍を認めていない。蓮舫氏のように、父母の国籍が違う場合には、いったん合法的な二重国籍になることが可能だが、22歳までにどちらかを「国籍選択」し、日本国籍を選ぶ場合にはもうひとつの国籍から離脱する義務がある。特に、国籍選択は非常に強い義務で、放置しておくと、日本国籍を剥奪される可能性もあり得る。 

http://go2senkyo.com/articles/2017/07/18/31272.html 

もし事実に反して経歴詐称を行っていた場合は公選法第235条の「虚偽事項の公表罪」に当たる可能性があります。ネット上では、初当選の2004年時の公報に「1985年、台湾籍から帰化。」と明記されていることが話題になっています。 

no title

蓮舫(れんほう、Lien-Fang、本名村田 蓮舫(むらた れんほう)、1967年(昭和42年)11月28日 – )は、日本の政治家、マルチタレント。民進党所属の参議院議員(3期)。民進党代表代行。
enhanced-mid-27749-1460710483-1
夫はフリージャーナリストの村田信之。 祖母は、戦時中、日本軍に戦闘機を2機寄贈し、戦後は黒い霧事件で自由民主党との贈収賄や不正融資が疑われ第052回国会農林水産委員会議事録に名の残る台湾人政商であり、駐日華僑の中心人物、陳杏村。台湾の政治家陳唐山とは遠戚。

内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全、行政刷新担当、「新しい公共」担当、少子化対策担当、男女共同参画担当)公務員改革担当大臣、民主党幹事長代行、参議院東日本大震災復興特別委員会委員長、民主党代表代行を歴任。NPO法人ひまわりの会顧問、日本マザーズ協会特別顧問。

日本の企業との間で貿易業を営んでいた台湾人の父・謝哲信と、「ミス・シセイドウ」だった日本人の母・斉藤桂子のハーフの長女として東京都で生まれた。台湾系日本人。

青山学院幼稚園、青山学院初等部、中等部・高等部、青山学院大学法学部公法学科卒業。1995年(平成7年)から1997年(平成9年)にかけては北京大学漢語中心に留学。

2016年、民進党結党以来、代表代行を務める。9月2日、代表選挙に立候補を表明。

wiki

 

881: 2017/07/18(火) 21:14:51.58 ID:JKjVwsNX0
>>1 
差別とか関係ない 
詐称が問題だろ勘違いするなよ蓮舫

次ページへ

関連記事

return top