KABAちゃんの2017現在が怖い! 声帯が変なのは失敗? 手術の費用は?

7

オネエタレントとしてデビューし、昨年3月に性別適合手術を実施。

 

晴れて女性となった「KABA.ちゃん」。

 

声も女性のものに。

 

また戸籍名も変更し、新たな人生の1ページを刻むこととなりました。

 

しかし彼女は現在、「怖い」「声が変」という噂もあります。

 

一体、どういうことなのでしょうか!?

 

今回はそんな「KABA.ちゃん」について、気になる情報をまとめてみました。

 

どうぞごゆっくりご覧ください!

 

プロフィール

 

名前  KABA.ちゃん(かばちゃん)

 

本名  椛島一華(かばしま いちか)←椛島永次(かばしま えいじ)から改名

 

生年月日 1969年6月19日

 

年齢  47歳

 

出身地 福岡県

 

血液型 A型

 

熊本の高校中退後、「世界のトップレベルのダンスを学びたい」単身アメリカ・ニューヨークに留学。

 

一流ダンス教室でダンスの修行をしたというKABA.ちゃん。

 

1996年には小室哲哉さんがプロデュ―スしたダンスユニットdosのメンバーとして『ASAYAN』でデビューを果たします。

 

 

2002年にはオネエであることをカミングアウト、以降はオネエタレントや振付師として大活躍をし、バラエティ番組などでも人気を博していきます。

 

振付師としては『SMAP×SMAP』の歌コーナー・コンサートツアーの振り付けなどを担当し、SMAPの代表曲『世界に一つだけの花』の振り付けでも頭角を示しました♪

 

dosがなくなった現在でも、押しも押されもせぬ人気タレントとして活動しています!

 

 

2016年3月末に性別適合手術、声帯手術を実施。

 

戸籍名も変更し、新たな女性としての一ページを刻みました!

 

晴れて心に遅れて、体も本当の女性になったKABA..ちゃんですが、外見や声はそれだけに大きく変化した模様。

 

今からその変化にせまります~!

次ページへ

関連記事

return top