遠藤憲一は奥さんが怖い? 子供はいるの? 若いころの画像も公開!!!

5

Vシネマ中心に強面の役を多く演じていた遠藤憲一さん。

 

現在は「かわいい」「情けない」役を演じて、大人気の性格俳優です。

 

若いころは遅咲きのブレーク俳優にあるように苦労していたそうですが、どんな苦労があったのでしょう?

 

調べてみました。

 

プロフィール

 

遠藤 憲一

本名:遠藤 憲一

生年月日:1961年6月28日(56歳)

出身地:東京都品川区

身長:182cm

血液型:O型

職業:俳優・ナレーター・脚本家

ジャンル:テレビドラマ・映画

活動期間:1979年 –

配偶者:既婚

高校中退後、アルバイトを転々としていたある日広告で劇団員募集の広告を見て軽い気持ちで入団します。

 

 

その後、役者業に興味を持ち難関として知られる劇団無名塾の選抜試験に合格して舞台俳優としてのキャリアをスタートするが、空気の重圧感や規律の厳しさと辞め癖が抜けていなかったことから10日間後に劇団を離脱してしまい、その後は劇団フジ・東京宝映(現宝映テレビプロダクション)に移籍して役者活動を再開した。22歳でドラマデビュー。

 

以降は、刑事ドラマ・サスペンス作品・時代劇などで下積み的な出演を続けた。

 

いわゆる「ビデオシネマ」時代が到来すると、眼力のある強面の風貌を生かして極道物で数多くの悪役を演じました。

 

『湯けむりスナイパー』で連ドラ初主演。連続ドラマ「白い春」への出演と血の繋がらない娘(演:大橋のぞみ)を愛する父親役の演技が高く評価され、数多くの映画、ドラマに出演。

 

2016年には大河ドラマ「真田丸」で上杉景勝を演じました。

次ページへ

関連記事

return top