恐怖…..コックリさんについてまとめてみる….危険な占い…..

4397126i

今回はコックリさんについて調べてみることにした。

コックリさんとは下記の画像のような絵を書いて

「こっくりさんこっくりさんなんたらかんたら~」と呪文を唱えるとコックリさんが質問に答えてくれるというものだったと思うw

正確には狐狗狸さんだったよう

【恐怖】コックリさんについてまとめてみる【危険な占い】

概要

民間で行われる占いの一種。「こっくり」と呼ばれる憑依霊を呼びだし、特殊な方法によってその神託を得るというもの。 

こっくりは通常キツネのような動物霊といわれ『狐狗狸(こっくり)』とも書かれるが、これは当て字で、起源は定かでない。 

江戸時代中期ごろにキツネの神霊にうかがいをたてることが大都市域の民衆のあいだに広まったといわれている。

 

明治期以降は海外の交霊術とも習合し現在の形式が確立した。

 

紛失物の捜索、取引の当否から私的な相談ごとに至るまで、霊への質問内容はさまざまである。 

まず紙に、鳥居、はい・いいえ、五十音表を記入する。 

その紙の上に十円玉を置いて、参加者全員がその十円玉の上に人差し指をのせる。 

そして「こっくりさん、こっくりさん、おいでください」と唱えると、やがて勝手に十円玉が動き、こっくりさんが何でも質問に答えてくれる(といわれている)。 

ただし、途中で十円玉から手を離してしまったり、こっくりさんを怒らせてしまったり、最後に「こっくりさん、ありがとうございました。

 

お離れください」と言うのを忘れると、こっくりさんは帰ってくれず、参加者は霊に取り憑かれてしまうという。 

また、一人でこっくりさんを行った場合には、人格が豹変してしまい、自殺を図ったり人を殺そうとしたりすることがあるという。 

次ページへ

関連記事

return top