ユースケサンタマリアがやらかす…..NHKあさイチでとんでも発言…..(画像あり)

f8562179-s

【NHK あさイチ】ユースケ悪ノリ「新司会者」宣言でFAX殺到…イノッチと謝罪する事態に 

8f152f6e-s
 
1: 2017/07/14(金) 11:21:44.30 ID:CAP_USER9
「あさイチ」ユースケ悪ノリ「新司会者」宣言でFAX殺到…イノッチと謝罪する事態に 

タレントで俳優のユースケ・サンタマリア(46)が14日、NHKの「あさイチ」(月~金曜前8・15)にゲスト出演。相変わらずのテキトー発言で視聴者を混乱させた。

 
 
番組冒頭、「新司会者のユースケサンタ・マリアです。 本日のプレミアムトーク、ゲストはイノッチ!!」と同番組のMCであるV6の井ノ原快彦(41)をゲストとして紹介し、ニヤリ。井ノ原も「どうぞよろしくお願いします」と応じ、その後もユースケが「イノッチの突然の降板、びっくりしましたね」などと話を続けた。
 
 
index

ind

DEptI0cVwAAGs2W

自然に話を続けるユースケに、井ノ原も「8年になるんですけど…降板して、すぐにゲストなんですね」と困惑する中、井ノ原の相棒、同局の有働由美子アナウンサー(48)までも「私は残ったんですか?」と話を合わせ、トークを進行。

 
 
有働アナからの「ユースケさんはどういう経緯で新司会になったんですか?」との問いに、ユースケは「バーターです。事務所違うんですけどね。雰囲気が似てるってだけです」とテキトートークで笑わせた。

このユースケのおなじみのトークに一部の視聴者は混乱。

 
 
本当に井ノ原が降板したと信じた視聴者からFAXが殺到し謝罪する事態となった。
 
 
視聴者から「80歳になる母が何度も『この人に司会が代わるんだってさ…いのっちで良かったのに』って残念がってる」「おふくろが、いのっちが司会じゃなくなると悲しんでおります」など、届いたFAXを有働アナが紹介すると、ユースケは「だからなっちゃうんだよ、(イノッチが)否定しないから」とまさかの井ノ原批判。ユースケはカメラに向かって「お母さん、最初に嘘をついたつもりはないんです。
 
 
ちょっとした冗談を言ったつもりでした」と説明し、2人で「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。
 
 
最後に有働アナが改めて「司会は代わりません」と訂正し、番組は終了した。
 
 
 
 
ユースケ・サンタマリア(1971年3月12日 – )は、日本の俳優、タレント、司会者、歌手。
 
本名、中山 裕介(なかやま ゆうすけ)。

81023l

大分県大分市出身。
 
 
ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。
 
 
愛称はユースケ。
 
 
ラテンロックバンドのヴォーカル&MCでデビューし、現在は俳優、タレント、司会者をメインに活躍している。
 

芸名の由来は、ラテンミュージシャンのモンゴ・サンタマリアにあやかったもの。地味なルックスだったため、名前は派手で目立つものを、と考えたという。
 

トヨタCMでの篠原ともえとの音楽ユニット「カロゴンズ」や、日本テレビ系『新橋ミュージックホール』で共演したビートたけし・トータス松本との音楽ユニット「ぢ・大黒堂」でも知名度を上げ始める。
 

テレビ朝日の深夜番組『VIDEO JAM』に出演してコントをやっていたところを、『踊る大捜査線』のキャスティングで頭を悩ませていたプロデューサーの亀山千広が観ていて「一度会ってみたい」ということになり、その結果、同作に出演。役者・タレントとして確固たる地位を築いた。
 

1998年、SMAPの草彅剛と共演のテレビ朝日の深夜番組『『ぷっ』すま』がスタート。テレビ番組としての流れや段取りをほとんど無視した、自由さを前面に出したバラエティ番組で、放送期間は10年を超え、500回以上放送されている。
 

2004年5月18日には13年間付き合った2才年上の一般人女性と結婚。
 

wiki
 

185: 2017/07/14(金) 12:19:12.05 ID:VmX9BgXJ0
>>1
テレビ見てる奴って騙されやすい人が多いことがよくわかる
 

62: 2017/07/14(金) 11:41:38.01 ID:pWx6cKpm0
NHKが悪いのでは
 

65: 2017/07/14(金) 11:42:00.75 ID:BC/fTfN40
途中から井ノ原が「コイツ面倒くせえな」って顔して雑なツッコミになってた
 

次ページへ

関連記事

return top