福山雅治が吹石一恵と子供出産後に離婚?理由原因は性格か?

new_無題

2017/07/10

福山雅治が吹石一恵と子供出産後に離婚?理由原因は性格か?

福山雅治の過去

そもそも福山さんって「結婚しない男」で有名でした。

その理由が気になっていた人が多かったと思いますので、少しおさらいを。

福山は家族に対していい印象がなかったと言っていることがあった。
ふたり兄弟の次男として長崎県に生まれる。
父は賭博好きでほとんど家に帰らず、家計を支えたのはパート勤めの母だった。
月に20万にも満たない収入で、家族旅行も外食も買い物の記憶もない。
父はたまに帰ってきては酔っぱらっているようなだらしない父だったそうです。

そんな父が福山が17歳の時に他界し、葬儀にやってきたのは父の麻雀仲間ばかりだった。
小指のない父の友人達は泣きながら、棺桶の中に麻雀牌を並べていた。
そんな父を憎むことはなかったというものの、「こういう家族はいいなという実例はそばになかった」と振り返ったこともある。

地元の工業高校を卒業し、市内の電機メーカーの営業職に就職するも、わずか5ヶ月で上京をする。
「地元の友人や母にはミュージシャンになるために上京すると言っていたようですが、本当はそれより家族に縛られて生きたくないという思いが強かったんです。社会人なのに、帰りが遅かったり、女の子が家に遊びにくるといろいろ理由を聞かれ怒られたりする。そんな生活が息苦しかったようです」
当時のことを振り返り、福山は家族は好きじゃなかったと言っている。

 

 

家族嫌いになってしまった原因は、父親の影響だったんですな。

この家庭環境なら、私は確実に父を恨んでいたでしょう。

福山さんは恨まなかったものの、家族というコミュニティへの関心が無くなってしまったんですね。

そして、当の本人もこう語っています。

「結婚が遅いのは、おそらく自分の中に、家族というものに対して、いい印象がなかったからでしょうね」

結婚しない男の完成です。

吹石一恵との結婚

さてそんな結婚しない男が結婚したことで、福山ロスなんて言葉が話題になりましたが、なぜ結婚したのでしょうか。

過去にラジオで「40までには結婚する」なんてことも言っていたようですが、それは実現できず。

ただ、俳優として歌手として仕事に携わる中で、家族に対する考えが変わってきたのでしょう。

映画「そして父になる」がそのきっかけになったんじゃないかと。

さらに結婚相手の吹石一恵さんとは、過去に何度か交流があり、その発展として2011年には熱愛関係を報道されました。

eb4d110579ca13e40aa6703fdd06d620出典:http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2015/09/0929fukuyama.jpg

このあと破局報道があったものの、騒ぎを沈めるための画策でありその後もひっそりと関係を続けるという、なんとも粋な付き合いをしていました。

そしてついに結婚!

「友人関係から始まり、数年前よりお付き合いが続いていく中で、いつしか人生を支え合う存在として意識するようになりました」

吹石さんは美人であり「男を立てる」のが非常に上手い人で、まさに大和撫子な人です。

バナナマン日村がラジオでこんな発言をしていました。

「(吹石一恵とはバラエティ番組で一緒したことがあるが)凄いなんか優しいというか、雰囲気が良いというか。(中略)なんか、笑ってくれたり、当たり前にそういうことやってくれて」

 

まさに福山さんにとっては、結婚相手にとって不足のない完全無欠な女性だったんでしょう。

次ページへ

関連記事

return top