白石麻衣2017写真集の印税や年収を調査してみた結果・・・

new_w700c-ez_ba7a8ec7d1c653a8cdc24e9bf1f2795b959fbe8ad35b3dd5

2017/07/10

白石麻衣2017写真集の印税や年収を調査してみた結果・・・

乃木坂46白石麻衣の写真集の印税は?

乃木坂46と言えば、清楚なお嬢様系アイドルグループとして有名で、本当にお嬢様な家庭に育った子もいますね。

その中でも一際目立っているのがやはり白石麻衣です。

白石麻衣の写真集「パスポート」は、当初の予想を遥かに超えなんと累計で20万部突破という、2000年代に入り女性ソロとして最大の部数を記録しています!

写真集業界において、発行5万部で大ヒット、10万部でも異例と言われる中、本作はこれまで19万部を発行。それでも発売から2ヶ月以上が経っても衰えぬ販売ペースを受け、発行元の講談社はさらに1万部の重版を決断し、累計発行部数は女性アイドルのソロ写真集としては超異例の大台・20万部に達する。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000314-oric-ent

とにかく、すごいんです(笑)

これだけ売れてりゃさぞかし印税もガッポリ貰ってるんだろ??と思って、調べてみました。

まずは写真集が売れた時の基本的な印税の話からします。

写真集が売れると、印税契約をしていれば印税が入ってきます。

印税の幅はピンキリなのですが、基本的に10~5%ほど。

以前、指原莉乃がAKBの印税は5%だと言っていたようなことを思い出したので、それに当てはめて計算してみよう。

白石麻衣の写真集の定価を分かりやすく2000円とします。

印税が5%、累計部数が20万部で計算すると・・・売り上げ4億円!?

印税は5%でも・・・

2000万円!!

ちなみに、印税には撮影料のみ支払うというケースもあるみたいで、その人の知名度や写真集の値段で変化します。

この場合は、写真集がどれだけ売れようが金額はもらった金額のみなので、余程博打的な写真集じゃない限りはこんな契約はしないでしょう。

それと、中にはAKBグループは印税契約を結んでいないとの意見もあり、これが事実なら印税は全て事務所の総取りになります。

その代わり、本人にはインセンティブ(成果報酬)という形で還元されているようですね。

まあ、印税全てが本人に入る訳では無いと思います。

当然事務所の取り分もあるでしょうから、半分持ってかれても1000万です。

まあかなり素人計算なので、ご意見はコメントまでお願いします(笑)

ちなみに、写真集は重版される度に印税もその都度入ってくるので、売れて重版されれば関係者はもうウハウハな訳です。

白石麻衣のパスポートは5度も重版になっているので・・・ごくり。

 

次ページへ

関連記事

return top