石田ゆり子…..相手の下腹部に顔を埋め恍惚の表情を浮かべる写真流出wwwww(画像あり)

d86b28f4-s

【芸能】<石田ゆり子>「相手の下腹部に顔を埋め恍惚表情」うらやましすぎる相手とは?

a39d743a-s
 

1: 2017/07/07(金) 02:48:13.69 ID:CAP_USER9

こんなに艶っぽい顔をした石田ゆり子を見たことがあるだろうか?7月1日、石田が自身のインスタグラムに投稿した1枚の写真が話題だ。 

ラフな服装の彼女が床に寝転び、同じく横たわった相手の下腹部を枕代わりにして頭を乗せている。

 
ちょうど石田の後頭部に相手のお股の部分がくるような感じだ。
 
左手は相手の脇腹あたりをなでている。
 
目を閉じてかすかな笑みを浮かべた石田は恍惚の表情。その相手は服を一切着ていない。
 
口を開いて呼吸を荒くしているようだ。
 
2人の親密さが伝ってくる。 

no title

「彼女は映画やドラマでもこれほど濃厚な抱擁シーンを見せたことはないでしょう。それほど愛が感じられる写真です。相手が本当にうらやましい。気になるお相手は、彼女の愛犬の『雪ちゃん』です」(週刊誌記者) 

雪ちゃんは2014年に石田の家にやってきたゴールデンレトリーバーのメス。
 
 
先代の「はなちゃん」が亡くなり、失意の底にあった石田を励ました。
 
たびたび訓練士のもとで訓練を受けていて、今も家を離れているようだ。 
 
「石田が結婚できないのは、ペットの犬と猫のせいだと言われています。ペットに夢中で男が近寄るスキがないのだとか。この写真を見るとそれも納得してしまいますね。どんなにイイ男でも雪ちゃんにはかなわないでしょう」(前出・週刊誌記者) 
石田に雪ちゃんと並ぶような素敵な男性が現れる日は来るだろうか。 
 

アサ芸プラス / 2017年7月5日 9時59分 
https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_84214/ 

 
 
石田ゆり子(いしだ ゆりこ、1969年10月3日 – )は、日本の女優、エッセイスト。
 
本名、石田 百合子(読み同じ)。
 
愛称は、ゆりちゃん、いしらさん、りり。
 
東京都出身。
 
結婚歴はなく独身である。
 

h8Zi

かつてはボックスコーポレーションに所属していたが、1999年、実妹で女優の石田ひかりと共に個人事務所「風鈴舎」を立ち上げ、社長兼女優として活動している。

妹の石田ひかり
 
jp
東京都立桜町高等学校、女子栄養短期大学第二部卒業。身長163cm、血液型はA型。
 

愛知県名古屋市で誕生の後、すぐに東京で生活。その後も父親の仕事の都合で引っ越しの多い(東京都→兵庫県西宮市→神奈川県川崎市→台湾)子供時代を過ごし、15歳の時に再び東京に戻る。小学校の時に水泳(平泳ぎ)でジュニアオリンピックに出場。
 

高1の時に自由が丘の亀屋万年堂の前でスカウトされてモデルになり、全日空イメージガールに選出されて沖縄キャンペーンガールのキャンペーンでポスターなどに登場する。代表作は『101回目のプロポーズ』、『Dr.コトー診療所』など。
 

ペットに1匹の犬(名前は「花」)と4匹の猫(名前は「アンジェ」、「メイ」、「ミント」、「ビスク」)を飼っている。
 

妹には「りり」と呼ばれている。本名の由来となった花(ユリ)の英名(Lily)から「りり」と呼ばれているのではなく、石田ひかり本人によると「小さい頃“ゆり”って発音出来なくて“りり”って呼んでいてそのままに」との事である。
 
 
o0480065412711858962
一般的に可憐なイメージを持たれているが、本人曰く「スポ根女」とのこと。
 
 
また、舞台『12人の優しい日本人』の記者会見で三谷幸喜が「会ってみるとトンチンカンな方でした」と答えている。
 
 
NHK演出家の佐藤幹夫はデビュー作のとき「雰囲気が吉永小百合と被るところがある」とテレビ番組『A-Studio』の中で評価した 
 

スタジオジブリ作品では『平成狸合戦ぽんぽこ』のオキヨ、『もののけ姫』のサンと二度にわたりヒロインの声優を務めている。

wiki

 

 

19: 2017/07/07(金) 03:25:13.38 ID:XH0fK6590
>>1 

毛深さなら俺も負けてないぜ(無表情

 

41: 2017/07/07(金) 06:24:17.20 ID:bOsYyGvR0
>>1 
誰が撮ってるの?

 

49: 2017/07/07(金) 07:14:28.33 ID:iFQGYBpd0
>>41 
鋭い指摘(笑)

 

57: 2017/07/07(金) 08:33:06.26 ID:2A9G+LzM0
>>1 
俺が貰ってやる

次ページへ

関連記事

return top