西武・森慎二コーチ(42)死去…..本当の死因がヤバイ(病名あり)

d5834209-s

西武・森慎二コーチの死因は「溶連菌の感染による敗血症」 父親が明かす 

bba2b4df

1: 2017/07/04(火) 20:03:48.87 ID:jBqGbYoF0 BE:498464405-PLT(13611) ポイント特典

6月28日に多臓器不全のため死去した西武・森慎二投手コーチ(享年42)の告別式が4日、西東京市の総持寺大日堂斎場で営まれた。 

告別式には西武の辻発彦監督(58)ら首脳陣、一軍選手、スタッフ、球団関係者が参列し、出棺時には同コーチと公私にわたって親交の深かった土肥義弘投手コーチ(40)が号泣するなど、それぞれが最後の別れを惜しんだ。

 
辻監督は「久々に慎二の顔を見ましたが、本当に穏やかで。
 
残念ではありますが、私自身はもちろん、選手たちも懸命に戦ってくれると思います。
 
我々は前を向いて戦っていくだけですから」と悲しみをこらえてコメントした。 

10338969

一方で死因については、溶連(ようれん)菌の感染による敗血症であったことが遺族の話で明らかになった。

 
森コーチの父親によると「本人の死因に関しては、毒性の強い溶連菌の感染による敗血症でした。
 
最後に(福岡の病院で)本人と話をしたのは山口から駆けつけていた私だけ。
 
母親とお嫁さんは東京からだったから間に合わなかった。
 
手術室に入る前、本人は少し手などはむくんでいたけど『行ってくる』と普通に話をしていたぐらい。
 
まさかそれが最後の会話になるとは思わなかった」と本紙に打ち明けた。 

隣で話を聞いていた森コーチの姉は「本当に人はいつ死ぬか分からない。

 
だから毎日を丁寧に生きていきなさい」と自身の子供、そして残された森コーチの3人の息子に語りかけていた。 
 
 
 
 
森 慎二(もり しんじ、1974年9月12日 – 2017年6月28日)は、山口県岩国市出身の元プロ野球選手(投手・右投左打)・指導者。
20170628-01847290-nksports-000-5-view
山口県立岩国工業高等学校卒業後、新日鐵光に入るが、新日鐵グループ野球部の再編に伴って新日鐵君津に転籍。
 
1996年の第67回都市対抗野球大会で優秀選手賞を受賞し、同年ドラフト2位で西武ライオンズに入団。

2014年10月11日、石川ミリオンスターズを退団し、2015年より埼玉西武ライオンズの二軍投手コーチに就任した。
 
2016年5月6日から同球団の一軍投手コーチ(ブルペン)に就任する

2017年6月25日の福岡ソフトバンクホークス戦の試合前に体調不良を訴え、福岡市内の病院に入院。
 
27日には病気療養のため休養することが発表された。

翌28日、入院先の病院で多臓器不全のため死去。42歳没。

wiki
 
 
 
敗血症(はいけつしょう、英: sepsis)とは、感染に対する制御不能な生体反応に起因する生命を脅かすような臓器障害のことで、患者数は世界で年間約2700万人。そのうち約800万人が死亡していると報告されている。
 
国際的な診断基準では感染症が疑われSOFAスコアがベースラインから2点以上増加しているものを敗血症としている。
 
 
細菌感染症の全身に波及したもので非常に重篤な状態であり、無治療ではショック、DIC、多臓器不全などから早晩死に至る。
 
 
元々の体力低下を背景としていることが多く、治療成績も決して良好ではない。
 
20140918yukanM
これに対し、傷口などから細菌が血液中に侵入しただけの状態は菌血症と呼ばれ区別される。
 
また、敗血症とSIRSは似た概念だが、SIRSは感染によらない全身性の炎症をも含む概念である
 
外傷、肺炎、腹腔内膿瘍、消化管穿孔、腹膜炎、歯周病をはじめとした重症細菌感染症の進行した場合にみられる。
 
また、糖尿病や悪性腫瘍の化学療法によって免疫力が低下した場合に合併することがある。
 
wiki
 

 

4: 2017/07/04(火) 20:06:18.70 ID:Jr+aTBra0
習うけど聞かない菌No.1

 

6: 2017/07/04(火) 20:06:57.32 ID:j/HbL/3u0
扁桃腺やられたときにこれ言われたことある

次ページへ

関連記事

return top