ローラ、意味深Twitterの裏側がヤバイ…事務所社長と…

0a1ae121

【芸能】ローラ 意味深ツイートの陰にあった事務所社長との愛憎10年

1: 2017/06/30(金) 07:52:03.28 ID:CAP_USER9

《ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいるんだけど、わたしは人には絶対にしない》《10年の信頼をかえしてください》 

imag

images

6月16日から17日にかけて、ローラ(27)の放った意味深なツイートが波紋を呼んでいる。“10年の信頼”を裏切ったのは誰なのか……。 

「所属している芸能事務所の社長のことでしょう。彼はまだ40歳手前の若手経営者で、大学時代はボディビル大会の出場経験のあるいかつい男性。ローラは17歳のとき、渋谷で彼にスカウトされたんです」(芸能事務所関係者) 

ローラにとっては芸能界入りの恩人。事務所社長にとっては事務所躍進の立役者だった。だがこの10年、2人は喧嘩を繰り返し、その度に仲直りしてきたという。 

「ローラは感情を素直に表に出すタイプ。一方の社長はタレントの私生活まで何かと管理してしまうところがあって、ローラはそのたびに反発していたようです」(テレビ局関係者) 

そんな2人の緩衝材だったのが、ローラを長年担当していた男性マネージャーだった。だが一昨年末に彼が退社したことで、両者の対立をやわらげるものがいなくなってしまったという。 

「昨年ローラがハリウッドデビューを果たした映画『バイオハザードVI』が原因です。もともとハリウッド進出はローラと社長の共通の夢。海外ロケのために日本での多くの仕事をキャンセルしないといけなかったのですが、それにマネージャーが反発したんです。自分が取ってきた仕事ですから」(前出・芸能事務所関係者) 

彼が去って以来、一度怒り出したローラをフォローできる人間がいなくなった。ローラの知人は語る。 
「最近、ローラが信頼していた女性スタッフが辞めさせられています。これで積もり積もったものが爆発したのでは。『何で勝手に!』とローラはひどく怒っていましたから。でも今まではいくら怒っても、外に発信することはなかったのに……」 

渋谷にある事務所を訪ねたが、「社長、担当者ともに不在」(スタッフ)と取り次いで貰えなかった。10年の愛憎劇は喧嘩別れに終わってしまうのか。 

 
ローラ(1990年3月30日 – )は、おもに日本で活動するバングラデシュ人のファッションモデル。身長165センチメートル、サイズ82-58-86。東京都出身。LIBERA所属。実父がバングラデシュ人、実母が日本人とロシア人のクォーター。

no title

モデルとしては雑誌『ViVi』への露出が著名。各種テレビ番組などへのタレントとしての露出も活発で、会話の直後に舌を出したり頬を膨らませたり、敬語が苦手なことから誰彼無しに、いわゆるタメ口で接するキャラクターで知られている

“ローラ”という名は米国のテレビドラマ『大草原の小さな家』の登場人物「ローラ」に由来する。幼少の頃に両親が離婚。実父の再婚相手となった中国人の継母のもとで育った。日本で生まれてすぐにバングラデシュへ移り現地のアメリカンスクールに通った。

小学校1年生の時に日本へ帰り、しばらくして再びバングラデシュへ移住。やがて父の仕事の都合に伴い9歳で日本へ再入国。本人いわく「この頃から日本語がうまくなった」という。

高校時代に渋谷でスカウトを受けてモデル活動を開始

父親に海外療養費をめぐる詐欺の疑いで逮捕歴等あり

9b5a04bb1f8a726e47ba8c40ec0420ab_15015

059

wiki
32: 2017/06/30(金) 08:17:51.21 ID:k/uqHAyz0
>>1 
書いてるのが女性自身www
 

次ページへ

関連記事

return top