ビートたけしの24時間テレビ2017のギャラwww 半端ねぇ~www

dcb7a5b5-s

ビートたけしの24時間TVのギャラは安くても数千万円

a2ad7386-s

1: 2017/06/17(土) 12:06:00.86 ID:lZ4wcrcI0 BE:618588461-PLT(35669) ポイント特典

ゴシップ情報番組『ゴシップジェネレーション』に、モデルのレイモンド愛華(14)が初登場。那須泰斗(17)、佐藤ノア(19)らとともに、芸能リポーターの長谷川まさ子(54)&あべかすみ(57)から、“まだ世に出ていない速報ゴシップ”を聞き出した。

同番組は、MCを俳優の南圭介(31)、番組兄貴分としてお笑いコンビ・うしろシティの金子学(36)と阿諏訪泰義(34)が務め、芸能界のゴシップが好きな若者たち(「ゴシップジェネレーション」、略して「ゴシジェネ」)が、芸能リポーターたちに根掘り葉掘り質問をぶつけるのが見どころの一つになっている。「ズバリ出します! 芸能人の推定収入 大公開」コーナーでは、フジテレビの9月に放送される27時間テレビのMCに決まったビートたけしのギャラに興味津々。「2億?」「5000万!」などという声があがるなか、長谷川氏は「5000万円」と推測。その根拠を解説した。
「ビートたけしさんは、CM出演料が1本1億円と言われていまして、たぶんテレビのバラエティ番組で1本500万から600万円。いつも27時間テレビのワンコーナーには出ているんですけれども、そのときで500万から600万。今回安く見積もっていて、5000万円よりちょっと上くらいになりそう」(長谷川氏)

レイモンドは、「5000万円あったら何ができるんやろ……」と絶句。そんなレイモンドたちに、長谷川氏は、“ちなみに”として、「24時間テレビの初代司会者は、萩本欽一さんなんですね。欽ちゃんは最初、オファーをずーっと断り続けて、結果的にギャラは1億になったんですが、24時間テレビってチャリティーですよね。萩本さんはその1億をそのまま寄付したんです。自分は一銭も受け取らずに寄付した。これ、事務所の後輩芸人さんが話していたことなので、真実です」というネタを披露。ゴシジェネたちは「かっこいい!!!!」と絶賛だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00010005-abema-ent

ビートたけし(1947年1月18日 – )は、日本のコメディアン、タレント、映画監督、俳優。本名:北野 武(きたの たけし)。日本国外では本名名義の映画監督・北野 武としての知名度が高い。

a1c48179

東京都足立区島根出身。オフィス北野所属。

東京都立足立高等学校から明治大学工学部(現理工学部)機械工学科卒業(特別卒業認定)。
元・東京芸術大学大学院映像研究科特別教授(2005年 – 2008年)、漫才師。

1980年代初頭に起こった漫才ブームの中で社会風刺を題材としたシニカルな笑いツービートで人気を獲得、フジテレビTHE MANZAIやその後継であったオレたちひょうきん族らに出演し番組が大ヒット、お笑い芸人のみならず、日本のテレビ界を代表するタレントとなる。

一般人、芸能人(特に後輩芸人)問わず、言動に多大な影響力を持つ人物の一人である。

1990年代頃より司会業や映画監督業が中心で、中には20年以上続く番組がある。

映画監督時や『平成教育委員会』(フジテレビ系列)などの番組では本名の「北野武」名義を用い、その他の番組、映画で出演するときは芸名の「ビートたけし」でタレント活動している。
 
これに関して、2010年(平成22年)5月9日放送『平成教育委員会』では、「アカデミックな場所では『北野武』または『マス北野』、芸人として出る時は『ビートたけし』で使い分けている」との旨を述べた。
日本国外では基本的に本名である『takeshi kitano(北野武)』だが、『beat takeshi kitano(ビートたけし北野)』と、いう、本名と芸名を併せた名義を使うこともある。
wiki
19: 2017/06/17(土) 12:19:54.35 ID:3kb89cyNO
>>1

ボランティアではなく、興行なのだから、タレントに支払われるギャラも相場であるのは当たり前ですよ。

 

5: 2017/06/17(土) 12:11:50.53 ID:nQfSruQYO
あの歳で、良く頑張るよね。。。。。。⇩

次ページへ

関連記事

return top