大阪ミナミの0円ホストクラブwwwww

4edb04a1-s

【大阪】「0円ホスト」利用者急増 のめりこみ高額請求ご用心 大阪・ミナミ

97b926d4-s

1: 2017/05/21(日) 08:59:57.49 ID:CAP_USER9

大阪の繁華街・ミナミにあるホストクラブの多くが、初回利用は「1時間無料」といった低料金を打ち出し、女性客を集めている。一夜で複数の新規店を“はしご”したり、遠方から駆けつけたりする女性客もいるという。

低料金は「企業努力」の範疇(はんちゅう)だが、利用の仕方によっては高額になる恐れもあり、女性支援団体からは「若い女性がリスクを知らず、安易に利用してしまう可能性がある」と不安視する声も上がっている。

業界関係者によると、ミナミにあるホストクラブは100店以上。多くの店が初回利用1時間に限った低料金を打ち出している。1時間千円の店が目立つが、最近は1時間500円や1時間無料といった“価格破壊”をアピールする店も増えてきた。初回利用の店を効率的に回れば、居酒屋より安上がりとなるため、女性客がホストクラブ数店をはしごするケースも増えているという。ミナミのある無料案内所グループでは4月の1カ月間で、利用者全体の実に4分の1という延べ約800人の女性に格安のホストクラブを紹介した。
案内所の従業員は「利用者は確実に増えている。名古屋から電車で来て、朝までホストクラブを回る女性もいる。大学生や観光客も利用しているが、初回料金が千円より高ければ集客に苦戦している」と明かす。低料金は初回限定で、2回目以降や初回でも長時間利用であれば料金は高くなる。中にはホストクラブにのめり込んだ末、フゾーク店で勤務しながら高額な料金を支払い続ける女性もいる。
若い女性を支援するNPO法人「BONDプロジェクト」(東京)の橘ジュン代表は「低料金のホストクラブは、居場所がなく、寂しい女性に金を使わせるための呼び水になっている」と指摘。「繁華街の中で、リスクを教えたり、高額の支払いを抱えた女性が気軽に相談できる支援態勢を整える必要がある」と話している。

次ページへ

関連記事

return top