女子アスリート界の下半身事情がヤバい…….

download

01-1024x688

30代女です。

社内異動で何年か前から、スポーツ関係の企画やマネジメントを手掛けてます。
トップアスリートと私生活を含め突っ込んだ話をする機会も多いんですが、女子選手の下半身事情って凄いんですね。
何ていうか…理解するのに時間が掛かりました。

もったいつけずに言っちゃうと、女子の有力選手って、下の世話まで男性の指導者とかスタッフに委ねてるんですよ。
うちの社は団体に個人、夏季に冬季と、かなり幅広い競技を扱ってるんですが、この点だけは驚くほど共通してます。

ちなみに、うちみたいな外部と仕事するわけですから、選手はどれもプロか、アマチュアでも日本代表級。
面倒なことになったら困るんで、具体的な競技や種目は勘弁してください。
ただ、テレビに出る女子選手は、大なり小なり似たようなものだと思います。

これで長年の謎が一つ解けました。
同じアスリートでも男子は人並み以上に遊んでる人が多いのに、女子は逆に堅い人がほとんどという印象が強くて、前から不思議だったんです。

高校・大学時代を思い出すと分かりますが、強い男子選手ってモテますよね。
もちろん競技で差はあるけど、マイナー競技でもそれなりにファンはいますし。
トップクラスなら普通の人より女遊びしやすい環境なのは確かでしょう。

ところが女子選手だと、同じ競技の男子選手はもちろんスポンサーとか芸能人とか男性に誘われる機会は多いはずなのに、なかなか浮いた話が出ません。
まあ、過去にはモーグルとかフィギュアでハメ外しちゃった子はいたけど、全体からしたら例外的ですよね。

既婚者も同じです。
男子選手は結婚しても遊び回ってる人が多いのに、
女子は結婚したらさっさと引退するか、一線に残っても良妻賢母な人ばかり。

 

アスリートは人並み外れた体力やスタミナの持ち主なわけで、実際、男子には性欲や精力が人一倍強い人が多いんです。
なのに女子はどうして…と、何だか違和感を拭えずにいました。

ですが、百人以上の女性アスリートから話を聞いて納得しました。
性処理は周りのスタッフで済ませちゃうから、あまり遊ぶ必要がないんですね。

 

性処理に当たるスタッフの立場は、競技や選手によって色々です。
監督やコーチ、トレーナーが定番ですが、カウンセラーや栄養士のケースもあるし、競技によってはキャディーとか振り付け師に下の世話を任せる選手もいました。

シンクロとか新体操とかチームを女性で固める「女の園」競技もありますが、どこかに男性スタッフはいるんですよね。

共通してるのは、当たり前だけど、その男性スタッフが「性豪」であること。
それから、同じ選手とスタッフが長年パートナーを組むことですか。

競技にもよりますが、女子選手が急速に伸びるのは小学校高学年から高校生。
ちょうど女性としての体ができてくる時期でもあるんですが、そこで選手の才能を見抜いて手塩に掛ける…というか「仕込んで」いくんです。

方法は人それぞれだと思うけど、私が女子選手から聞いたところでは、コーチやトレーナーの場合、ボディータッチから入ることが多いようです。
マッサージとかストレッチとか、フォーム指導とか。

この段階だと選手の多くは処女か、経験があっても少ない子ばかりで、一度身を委ねたそういう子を性的に気持ち良くさせるのは簡単なんですね。
時期を見て1対1に持ち込み、体の成長を見極めて「貫通式」に及ぶわけです。

 

ニュースで時々、女子選手の体を触った部活の指導者が逮捕される話を見ますが、あれは指導者の側が選手の信頼を得ていないか、そもそも器じゃなかったか、いずれにしろ男の側が下手くそだったんだと思います。

カウンセラーとか直接競技にタッチしないスタッフの場合は、選手の悩みを聞いたりして親しくなり、まず心理的、そして肉体的に取り込んでいくようですね。

ここでは、もともと精力絶倫でテクもある人が「優秀な」指導者なわけで、そんな人が少女時代から仕込むわけだから、大抵の選手は依存症に陥ります。
昔のポルノ映画なら「性奴隷」とか「肉奴隷」って言うんですか。

次ページへ

関連記事

return top