Cut2017_0404_0047_10
元ホステス・日テレ笹崎アナは面倒くさい女


銀座のクラブで働いていたことを理由に一時は内定取り消しの憂き目に遭い、訴訟の末に入社した経緯を持つ日本テレビの笹崎里菜アナウンサー。それだけに入社時は注目度も高かったが、やはり2年も経過すると話題にものぼらなくなってきた。
しかし、だからこそ彼女の今が気になる。関係者に話を聞き、彼女の現在を追いかけた。「今の彼女の立場としては、ごく普通のアナウンサーと同様です。特別な厚遇や冷遇があるわけではありません。ただ、現場スタッフは気を使っているように感じますね」

気を使っているとは、どういうことだろうか。

「入社から2年が経過するとそろそろ新人というレッテルが剥がれます。この時期は、アナウンス技術を伸ばしていかないといけない大切な時期でもあるんです。通常なら、彼女が出演している各番組のプロデューサーなりディレクターが、細かいアドバイスをしてアナウンス技術が向上するように仕事の手はずを整えるのですが、笹崎アナの場合は周囲が助言などをしないんですよ」(同)

no title

元ホステス・日テレ笹崎アナが“面倒くさい女”扱いされている!? ゴタゴタ入社から丸2年の現在 – BIGLOBEニュース

 

笹崎里菜


笹崎 里菜(ささざき りな、1992年4月16日)は、日本テレビ所属のアナウンサー。

神奈川県横浜市出身。身長160cm。

4歳から17歳までクラシックバレエを習っていた。 東洋英和女学院大学国際社会学部国際コミュニケーション学科卒業。

大学1年のとき、2011年ミス東洋英和に選出された他、Miss of Miss Campus Queen Contest2011では、ファイナリスト10人のうちの1人となった

A



笹崎里菜 – Wikipedia