村上春樹さん終了のお知らせ・・・

iiii

【文芸】村上春樹、人気の終焉か…読者側に「飽き飽き感」充満、新作で読者を置き去り

75bdc43a

1: 2017/03/29(水) 07:37:28.83 ID:CAP_USER9

村上春樹の新作長編小説『騎士団長殺し』(新潮社)がさっぱり話題に上らない。発売当初こそマスコミに大々的に取り上げられたものの、次第に『騎士団長殺し』はおろか「村上春樹」の名を目にすることもほとんどなくなった。

なにより、これまでの村上作品と違うのは、熱狂的信者であるはずの“ハルキスト”をはじめ、一般読者からの反響がほとんどないことだ。第1部「顕れるイデア編」、第2部「遷ろうメタファー編」を合わせて130万部も発行されているにもかかわらず、これほど反響が少ないのは異常事態。もはや世間から「完全スルー」されているようにも見える。しかも、それは『騎士団長殺し』が「おもしろくない」からではない。村上春樹の新作長編小説がまるで盛り上がらない理由について、専門家は「村上春樹ブームそのものが終わったため」と指摘する。

●『騎士団長殺し』はこれまでの作品と何が違う?
「前作の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)に比べれば、『騎士団長殺し』はうまくまとまっているのではないでしょうか」

そう話すのは、文芸評論家の大森望氏だ。実は、大森氏に限らず、文壇界隈には『騎士団長殺し』を評価する専門家が少なくない。本作は、女性に別れを突きつけられた36歳の画家の「私」が、別居先の小田原郊外で不思議な事件に巻き込まれてさまざまな体験をし、最終的に女性とよりを戻すという内容。いわば、いつも通りの村上春樹ワールド全開の小説なのだが、これまでと違ってストーリーが破綻していないのだという。
「『騎士団長殺し』は、物語の最初の段階で『これは妻と別居していた9カ月間の話です』と明示し、その期間をきちんと消化した上で話が終わる。同居していた女性とも元のさやに収まり、最終的に子どもも生まれて一件落着。いくらでも話が続きそうだった『1Q84』(新潮社)などに比べると、完結感があります」(大森氏)

また、大森氏は、『騎士団長殺し』は従来の作品よりも読者に親切になっていると指摘する。村上作品は同じモチーフを繰り返し使い、その解釈を読者の判断にゆだねるというのがひとつのパターン。本作も、穴蔵を通じた非現実世界へのトリップ、不思議系少女の登場、夢精からの妊娠と、春樹的モチーフのオンパレードで、現実にはあり得ないことが次々に起きるが、いつもと「見せ方」が違うという。
「主人公が試練を経て成長するという物語の構造がはっきりしているのと、作中でこの小説の仕組みまで親切に説明してくれるのが『騎士団長殺し』の特徴。『騎士団長』や『顔なが』など個性的あふれるキャラクターも魅力的です」(同)

それなのに、なぜ『騎士団長殺し』はまったく話題にならないのだろうか。

http://news.livedoor.com/article/detail/12859969/
2017年3月28日 20時0分 ビジネスジャーナル

 

2: 2017/03/29(水) 07:37:46.99 ID:CAP_USER9
●消費し尽くされ飽きられた「春樹現象」
まず考えられるのは、「ファンタジー要素が強くなったせいで、読者がついてこられなかった」(同)という理由だ。
「たとえば、『多崎つくる』は、主人公の多崎が高校時代の友人たちに“ハブられる”という、日常的で読者が共感しやすい話でした。それに比べて、『騎士団長殺し』には当たり前のように『メタファー』(隠喩)や『イデア』(理念)が出てくる。文学愛好者にはわかりやすくても、一般読者にはちょっととっつきにくい。おまけに、2冊合わせて1000ページもありますからね」(同)

そもそも、これだけ長編の純文学作品を読む日本人自体、今どき「そう多くはいない」と大森氏は語る。実際、『騎士団長殺し』を読みきったという人がどれだけいるだろうか。まわりを見わたしても、発売前に話題になったからとりあえず購入したものの、ろくに読まずに「積ん読」状態になっているという人が少なくない。さらに、新作がまったく盛り上がらないのは、作品の内容やでき以前の問題という見方もある。大森氏は「異常ともいえるほど過熱した『村上春樹ブーム』がついに終わってしまった、という可能性もあります」と語る。

村上春樹の新作が社会現象のように売れ始めた要因のひとつは、出版元が発売前に情報を小出しにし、ファンの飢餓感をあおる「ティーザー広告」というプロモーション手法を取り入れたことが大きいといわれる。この手法は02年の『海辺のカフカ』(同)に始まり、『1Q84』『多崎つくる』以降は、書店が発売当日の深夜に販売を開始し、さまざまな関連イベントが行われるなど、まさに「村上春樹現象」と呼ばれるものになった。しかし、かつては数年に一度のお祭りだった「春樹現象」は、村上春樹がノーベル文学賞の候補といわれるようになったことで毎年秋の風物詩となり、受賞者の発表前後にはハルキストたちが前夜祭と残念会を行うのが恒例となっている。その結果、「春樹現象」が消費し尽くされ、もはや世の中全体が村上春樹そのものに飽きてしまった……。そう考えるのが自然ではないだろうか。『騎士団長殺し』の完全スルーは、「村上春樹」というコンテンツのオワコン化の始まりといえるのかもしれない

村上春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 – )は、日本の小説家、アメリカ文学翻訳家。京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。

d02788e9b72a169da64c03

早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1987年発表の『ノルウェイの森』は上下430万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』などがある。
日本国外でも人気が高く、柴田元幸は村上を現代アメリカでも大きな影響力をもつ作家の一人と評している。2006年、フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、以後日本の作家の中でノーベル文学賞の最有力候補と見なされている。

wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E6%98%A5%E6%A8%B9

 

371: 2017/03/29(水) 10:34:22.65 ID:X422PauA0
>>2
この論調が当たっていて発行部数が落ちてきたら、いよいよノーベル文学賞を獲ったりしてな

 

9: 2017/03/29(水) 07:41:14.04 ID:pJ52LGoG0
毒にも薬にもならない作家というのが
数十年前からオレの中では確立されてたわ

 

17: 2017/03/29(水) 07:45:31.58 ID:FzhpqPti0
秋の風物のノーベル賞獲る獲る詐欺の人
何で今の時期から騒いでんの?

 

27: 2017/03/29(水) 07:48:03.31 ID:wR7TNVzJ0
あとはお決まりの活動家としての人生

 

29: 2017/03/29(水) 07:49:14.06 ID:zDKwMyJN0
人生の終焉かと思った

 

65: 2017/03/29(水) 08:00:19.99 ID:1HiwCCEZ0
ハルキストを増やすには新たな作戦が必要だな

905cc427

74: 2017/03/29(水) 08:06:48.06 ID:gw7D7I8U0
短編でも「え?それで終わり?」って肩透かし食うんだけど
長編はそれをさらにだらだら引き伸ばした上で「え?それで終わり?」ってなるのでタチが悪い

hst108-jpp023380331

82: 2017/03/29(水) 08:10:04.13 ID:bwd6zmiG0
朝から晩まで書斎に籠りっ放しのタイプの作家じゃないみたいだけど
小説を読んでると「世間知らずやなぁw」と笑ってしまう箇所が多いねぇ

 

107: 2017/03/29(水) 08:27:15.81 ID:9sgfZv240
そもそもこんなに人気が出てることのほうが不思議

 

109: 2017/03/29(水) 08:27:50.23 ID:2isJtgL/0
お前らの言う事は世間の真逆だからとりあえず金を出さず図書館で借りて読む事にする

 

149: 2017/03/29(水) 08:54:18.96 ID:LBvgeoSl0
発言とか行動とかね
最近ノーベル賞受け狙いが露骨だ

 

160: 2017/03/29(水) 08:58:27.75 ID:KzIgqhWy0
今更ついていけなくなるような奴はハルキストじゃない

 

179: 2017/03/29(水) 09:05:42.02 ID:p5ETSrkr0
文学的にコメしようとしている奴が多い

 

186: 2017/03/29(水) 09:08:23.42 ID:nfI2VEjN0
ハルキストが気持ち悪くて手を出さない客が増えただけじゃね

 

198: 2017/03/29(水) 09:15:46.97 ID:4qGMh46W0
文学であることをやめること
これが現在における文学

 

215: 2017/03/29(水) 09:24:36.98 ID:D+MXK3660
ハルキストが減ったらノーベル賞取れるんじゃね?

o0500033312497836479

217: 2017/03/29(水) 09:25:36.77 ID:4qGMh46W0
>>215
取れないよ
春樹が一番のハルキストだからね

 

229: 2017/03/29(水) 09:29:47.56 ID:pw1mcA1S0
読んだことないけどいままではストーリー破綻してたんか
なんでそんなのが評価されてたんだろ?

 

238: 2017/03/29(水) 09:33:53.32 ID:wgMiuncm0
>>229
セカイ系とかあのへんのオサレ中二病を80年代からやってたから固定ファンがつきまくったんだよ
90年代だと目新しくもないが80年代だとかなり斬新だったからな

 

249: 2017/03/29(水) 09:38:42.55 ID:hpkrHGtX0
>>229
ストーリーで読む作家ではないから
でも他のベストセラー作家とは一線を画するものがある
それは純文学と言われるものなんだろうけど、分かりづらいし、ここまで売れるものではないんだろうが、日本人はブームに弱いとも言える
特にノーベルみたいな海外の権威に煽られるとより鮮明になる

 

243: 2017/03/29(水) 09:35:50.24 ID:Y6xTGxLm0
小説ってブームとか飽きるとかっていうのとは関係ないと思うんだが

 

270: 2017/03/29(水) 09:53:45.85 ID:YlBF5i4Y0
春樹の本を読むかどうかではなく
春樹を受け入れるかどうか、だ。

 

331: 2017/03/29(水) 10:17:50.95 ID:c4Fkl9nG0
てかなんで持ち上げられてるのかわからんかった
まあ自分には合わないんだろうなと結論付けてたが

 

333: 2017/03/29(水) 10:18:32.85 ID:PNRQPTMp0
書店でもあれだけ飾ってんのに立ち読みしてる人おらんもんな
「試しに春樹読んでみよう」とか「もう一度春樹にチャレンジしてみよう」
って人がもういないんだよ

 

350: 2017/03/29(水) 10:26:39.28 ID:PNRQPTMp0
書店の並べてる所にいたらハルキストと勘違いされそうだから近寄らないよ

Postseven_497965_6e28_1

359: 2017/03/29(水) 10:30:16.13 ID:AzTmGXnZO
散々持ち上げてから落とすマスコミ

 

308: 2017/03/29(水) 10:05:51.68 ID:k4w80poy0
だが、これだけ語られる。作家にとってはそれで十分
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490740648/

関連記事

return top