4歳少女を失明させた男に同害報復刑。まさに『目には目を』だった

imgres

   

海外では『目には目を』

これを行なっているところがあります。

4歳の少女に石炭をかけ失明させた男に

両目を失明させる刑が執行されたのです。

4歳少女を失明させた男

『目には目を 歯に歯を』

日本でもよく知られていますよね。

 

やられたらやり返せ。

という復習を賞賛することと捉えがちです。

 

本来の意味は、

『過度な報復を抑えて

同等の懲罰を与えることで報復合戦を防ぐ』

という意味が込められているのです。

 

イランではまだその考えが浸透しています。

 

iranmisterious

 

実際に今年の11月8日に

4歳の少女に石炭をかけ視力を奪い、

有罪判決を受けた男がいました。

 

そして、同害報復刑が執行されたのです。

 

つまり、犯人も4歳少女と同様に

両目を失明させるという刑が執行されました。

 

イランではこの同害報復刑が

執行されたのは今年に入って2度目だと言います。

 

しかしこの同害報復刑は、

一部イランの国際人権団体による非難を生んでいるのです。

 

この団体が立ち上がったのち、

『犯罪被害者は加害者からの

賠償金と引き換えに刑罰を免除することもできる』

という形になったのです。

 

しかし、日本では時には

被害者より加害者の人権擁護が優先されたり

下された刑罰が軽すぎる時がありますよね。

 

そういう時には、

「同害報復刑があればいいのに!」

そう思わずにはいられないですよね。

 

被害者の親族からしたら

当然の想いだと思います。

 

刑罰を免除した女性

実際に同害報復刑を

免除した女性もいるのです。

 

というよりも、

被害者の意思で免除できるようになったのは

彼女がきっかけなのです。

 

2011年にイランで

近年相次いで起きている酸事件。

 

顔に重度のやけどを負い、

失明してしまった被害者アメネ・バハラミさん。

 

a0028694_17501433

 

手に持っている写真は、

酸事件にあう前のアメネ・バハラミさんです。

 

彼女は被害にあったにも関わらす、

「犯人に同じ苦しみを与えたくない」

そう呼びかけ、実を結び、

『犯罪被害者は加害者からの賠償金と引き換えに

刑罰を免除することもできる』というものが誕生したのです。

amene1

 

加害者を失明させようと、

両手を切り落とそうと、

自分の体が元に戻るわけではありません。

 

しかし、理屈と感情を制御するのは難しいですよね。

自分が受けた苦しみを与えてやりたい。

 

そう思うのは当然だと、私は思いますしね。

 

自分の家族や恋人がそんな目に・・・

そう考えたら許せるわけがないですよね。

 

ネットの反応

・目には目を+aぐらいでいいと思う

 

・強姦したら逆もあるのかな〜

局部切断が1番いいと思うけどなぁー

 

・日本にも導入してほしい

 

・野蛮だけど、これが1番いいのかも

 

・倍返しではなく、同等返しなんだから全然OKでしょ。

 

封建時代の仇討ちはある種

消耗戦でした。

 

しかし、『同害報復刑』は

復讐の連鎖を断ち切ることが

できるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引用元:https://vipper-trendy.net/dougai-houhuku/

広告

 - 未分類