太田光 母親の葬儀でボケる。悲しみをこらえる姿が感動とネットで話題に!

5885

   

これこそ芸人魂!

まじ感動してしまった・・・・

 

 

 

爆笑問題・太田の母親が死去

今月8日に肺気腫のため、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光(51)母親、太田瑠智子さん(83)が亡くなりました。
14日には葬儀・告別式が東京・青山葬儀所で営まれ、前日のお通夜と合わせて約300人の方が参列。多くの方に見送られました。

太田光

最後は太田らしいボケでお別れ

葬儀の日には、母・瑠智子さんが好きだったという越路吹雪の「愛の讃歌」「バラ色の人生」がBGMとして使われていました。

出棺の挨拶の冒頭に「どうも、ドナルド・トランプです」とボケて、相方の田中裕二が突っ込むなど、いつもの太田光を見せてくれました。しかし、挨拶では「母親は子供のころから一度も、弱音とか弱気なこと、人の悪口、痛いとかつらいとか、聞いたことがなかったです」と、悲しみを必死にこらえているようでした。

太田は母との最期「iPodで越路吹雪さんの「愛の讃歌」と「バラ色の人生」を流したんですけど、聞き終わったと同時に心拍が0になりました。きれいな死に方だと思います。『光、死ぬときはこうやって死ぬんだよ』って教えてもらった気がします。感謝しかありません」と話してくれました。

約300人という多くの方から見送られた瑠智子さん。葬儀・告別式には、古舘伊知郎(61)やテリー伊藤(66)、松村邦和(49)らが姿をみせ、桑田佳祐(60)、秋元康(58)らからは弔電が届いていました。

 

 

 

 

引用元:http://gatyapin.info/

広告

 - 未分類