品川祐号泣「記憶を失った余命4カ月の花嫁」品川家が封印した過去を告白・・・ネット「印象変わったわ」「数奇な運命」※詳細

5699

      2016/11/10

Yahooの映像トピックス観てたら、

お笑い芸人「品川庄司」の品川祐が封印した過去を語るとのことで、ちょっと調べてみました。

マダム路子とその息子品川祐が初告白!脳のがんで記憶が失われていく次女…余命4ヵ月の花嫁に起きたキセキの物語…品川家が3年間封印していた過去を初告白!

感動の過去とは????

 

 

 

脳のがんとは?

脳腫瘍(のうしゅよう、Brain tumor)とは、脳の疾病のひとつで、頭蓋内組織に発生する新生物(腫瘍)のことを意味する。すなわち、脳腫瘍は脳細胞だけでなく、硬膜、クモ膜、頭蓋内の血管や末梢神経、その他の頭蓋内に存在するあらゆる組織から発生する。発生頻度は毎年約100,000人に12人の割合であるとされている。具体的な発生要因は明らかではない。

出典 https://ja.wikipedia.org

平たくいうと「脳腫瘍」のことやね。
漠然と耳に入ってたワードやけど、脳のがんのことやってんね。

品川祐のお姉さんについて調べようとおもうてウィキってみたら、とにかく品川祐の家系つうか家柄つうか凄いんやね~

母親は、美容家で国際魅力学会々長のマダム路子(品川路子)。父親は、山野グループの株式会社ヤマノ代表取締役元社長山野凱章。祖母は、山野愛子[4]。美容家山野愛子ジェーンは、従姉妹。2人の姉と1人の兄がおり、4人兄弟の次男で末っ子。長姉は、ヘアスタイリスト、次姉は、シナリオライター・エッセイスト、兄は、映像プロデューサー。株式会社ヤマノホールディングス代表取締役社長山野義友は従兄弟、会長の山野彰英(義友の父)は叔父にあたる。

父親ときちんと会ったのは高校入学時で、その後も殆ど会う機会は無かったが、父親は内緒で舞台を見に来るなどしていた。2007年3月、母のマダム路子が俳優の片岡五郎と再婚。実際には中学生時代から片岡が父親代わりだったとブログで公表している。

出典 https://ja.wikipedia.org

叩き上げってイメージあったけど、実際には御曹司な感じなんかね~

で、品川祐の封印した過去の主人公でもあるお姉さん(マダム路子の次女)やけど、2012年に悪性脳腫瘍でお亡くなりになられてんね。

2011年2月に【悪性脳腫瘍】と診断されたライター業の次女品川実花が、2012年1月7日に天空に召されました。「余命4ヶ月」と告げられてから1年10ヶ月目でした。

出典 http://blog.goo.ne.jp

実花さんと路子さん

出典 http://blog.goo.ne.jp

次女品川実花には、ウエディングドレスを着たいという願望があることを私は知っていました。すべての治療が延命策でしかない状況でしたが、実花のウエディングドレスを着たい思いを病院にお願いすると、病院の広い会議室を貸して下さいました。

大家でもないのに実花は、「品川」という姓が好きだと言い張るのを受け、山本裕次郎は品川籍に入りました。娘や息子たちは、「裕次郎さんは若いし、これからのことを考えると品川姓になってもらうのは悪い」と主張しました。そこで山本家のご両親にも私はご挨拶をして、詫びながらお願いしました。

余命が後どのくらいあるのかわかりませんでしたが、裕次郎は残された時間の中で実花が望むこで可能ならばどんな事でも叶えてやりたいと思ってくれたのです。実花は指輪交換や区役所にも行きたかったのです。この日からすぐに婚姻届けを出しました。実花が天空に召される6ヶ月前のことでした。

出典 http://blog.goo.ne.jp

実花さんと旦那さん

出典 http://blog.goo.ne.jp

実花さんの旦那さんは、余命4カ月ということを承知しながら、実花さんとご結婚されたんやね。
「ウエディングドレスを着たい」という夢がかなってよかった。

実花さんは、旦那さんとご家族の果てしない優しさに包まれて天に召されたんやね。

出典 YouTube

11月22日19時~TBS「私の何がいけないの」の番宣がユーチューブにアップされていました

南キャン山里さんのカミングアウトにより悪いイメージが定着した感も無きにしもアラブ首長国連邦の品川祐やけど、この号泣がホンマの彼なんかも知れんね。

心よりお悔み申しあげます。

 

 

 

 

 

 

 

引用元:http://matome-ch.biz/feed/go/feedCode/5699/sharing/0/

広告

 - 未分類