島根女子大生死体遺棄事件が犯罪史上で類を見ない凄惨な事件だった

yjimage

   

島根女子大生死体遺棄を覚えているだろうか。

日本の犯罪史上、類を見ない凄惨な事件です。

人間の所業とは思えない・・・

日本の犯罪史上、類を見ない凄惨な事件

まだ記憶に新しい2009年の11月6日に

島根県と広島県の間にある山道で死体が発見されました。

 

遺体は無残にもバラバラにれ、

四方八方に転がっていたとされています。

 

犯人はまだ見つかっておらず未解決事件となっており、

島根県の未解決事件といえばこれ

と名前が上がるくらいの知名度は高く

残虐性ゆえに当時世間はこのニュース一色でした。

 

91911ebb-s

 

事件の詳細

広島県北広島町東八幡原の臥龍山中の崖下で、

前月の26日夜から行方不明になっていた

島根県立大総合政策学部1年生・平岡都さん(当時19歳)に

酷似した若い女性の頭部が発見された。

 

殺害された平岡都さんは

恨みを買ったりするような事のない

ごく普通の女性でした。

 

第一発見者は山にキノコ狩りに来ていた男性で、

頭部が落ち葉の上に置かれていたのを見つけて警察に通報。

駆けつけた警察によると、

セミロングの髪型が判別でき、

首には刃物で切断されたような跡があったという。

 

島根・広島の両県警は、

殺人・死体損壊遺棄事件として捜査を始めた。

DNA鑑定により、被害者を前述の都さんと断定。

また、司法解剖の結果、

顔面には殴打された形跡があり、

内出血していたことも発表された。

 

最初の頭部発見以降、

7日に林道入り口近くの雑木林から左大腿骨の一部、

8日には頭部発見現場の近くで両手足のない胴体部分、

9日には左足首、

19日には林道付近に落ちていた動物の排泄物から

被害者の爪が発見され、

後日、すべて都さんの遺体の一部であることが確認された。

 

それぞれ遺体の状況は、

通常の感覚を持つ人間ならば

直視することすらできない残忍なものだった。

 

都さんはバラバラに解体されただけでなく、

きわめて”猟奇的”な手が加えられていたのだという。

 

その一例を上げると、

胴体部分の胸は刃物によってえぐり取られ、

腹部は内臓の大部分が取り出されていた。

 

あまりの残忍さに、警察の捜査でも

 

「被害者は人間以外の動物に

食いちぎられたのではないか」

 

という意見が出たほどである。

 

また、

胴体全体に焚き火などにより焼けた跡があり、

顔には殴打された痕、

左頬には足で踏まれた跡が付いていた。

 

更にこの事件が怖いのが、

まだ平岡都さんの遺体の一部は発見されていないということ。

 

特にお腹周りがまだ見つけられておらず、

犯人がまだ持っている説などが存在します。

 

まだ島根県と広島県の境界線の辺りに

遺体があるのかもしれない。

そう考えてしまうと本当に怖くなります。

 

ネットでの反応

・これ絶対捕まらんわ

 

・人間をバラバラにできる行動力を仕事に活かせよ

 

・田舎の警察には難解やなこれは

 

・すごい恨みがあったんやろな

もし無差別なら怖すぎる

 

人間の所業とは思えませんね・・・

広告

 - 未分類