【大阪門真市殺人】犯人の小林裕真は精神疾患?残虐過ぎる犯行が明らかに。

75cb201d

      2016/10/21

19日の朝に大阪市門真市の住宅で家族が刺され、

父親が死亡、長女、次女、長男が重軽傷を負った事件で

犯人の小林裕真の正体が明らかになってきました。

またしても精神鑑定で無罪になりそうな・・・

事件の概要

事件が起きたのは19日の午前4時過ぎ。

 

大阪府門真市にある住宅に小林裕真が侵入、

住宅に住む家族を刃物で切り付け4人を死傷させた。

 

zikenn2

 

ここの住宅に住んでいた川上幸伸さん(43)は

胸などを刺さ死亡が確認され、

長女(19)、次女(17)、長男(15)の3人は

幸いなことに命に別状はないという。

 

zikenn3

 

事件の真相

小林容疑者は玄関の窓を割って侵入し、

2階で眠っていた父親を刺しました。

 

凶器は日本刀で子供たちにも次々と斬りかかり

家の中には大量の血が流れていました。

 

zikenn4

 

小林容疑者は24歳で

定時制の高校に在籍しており

5年ほど前から引きこもりだったようだ。

 

容疑者を知る知人は

 

「引きこもっていてほとんど家から出ない」

 

と素性の知れない人物だったようだ。

 

小林容疑者の惨忍すぎる犯行手口

川上さん宅に侵入するために

刃物3本とガスバーナーを所持していた。

 

ガスバーナーで1階の窓の施錠部分を焼き、

窓ガラスを割り川上さん宅に侵入した。

 

2階に上がり、長男(15)と

同じ部屋に寝ていた川上幸伸さんにまたがり、

所持していた刃渡り30センチの短い刀で30か所刺し続けた

 

oosaka

 

長女(19)と二女(17)が騒ぎに気付き、

父親の部屋に行くと、

刃物で切り付けながら小林容疑者が二人を追いかけてきた。

 

負傷を負いながらも長女は警察に通報。

 

その後、異変に気付いた長男が

廊下で小林容疑者を取り押さえ、

駆け付けた警察官が小林容疑者を現行犯逮捕した。

 

犯人は現行犯逮捕

事件は長女が

 

「知らない男が家に入って来て刺された」

 

と110番通報し発覚した。

 

駆け付けた警察官がその場にいた男を取り押さえ逮捕した。

 

逮捕された男は、

同市北岸和田地区に住む定時制高校に通う

小林裕真(24)で、

男は「日本刀」、「包丁」、「なた」などの

3本の凶器を所持していた。

 

男は警察の取り調べに対し、

 

「はっきりと覚えていない」

 

と供述しているようだ。

 

また、逮捕時に小林裕真は

 

「騙された」

 

と叫んでいたとも伝えられている。

 

犯行の動機

犯人と被害者の関係性は

今のところ発表されていません。

 

被害者と何らかの接点があり、

強盗目的の犯行ではないのかもしれません。

 

犯人・小林裕真の衝撃事実

小林容疑者の母親のブログで

精神疾患について触れられていた。

 

場合によっては

無罪になりかねない衝撃の内容になっている。

 

現在、

該当の記事が削除されていますが、

内容は以下となります。

 

2015年5月8日

テーマ:統合失調症

 

こんにちは、しばらくブログをお休みしていました。

 

今までは明るい内容のブログが多かったのですが、

今回は長男との関わりを

文字として残していきたいと思い

こちらに綴っていこうと考えました。

 

昨年、年末押し迫る頃に、

長男が統合失調症と診断され

強制入院となってしまいました。

 

(統合失調症とは精神分裂症のことで、

脳の神経が誤作動を起こし、

見えないものが見えたり

幻聴が聞こえたりする病気です)

 

このような記事を書いており、

小林容疑者が精神疾患を患っているのは

ほぼ間違いないかもしれません。

 

警察の取り調べでも

 

「よく覚えていない」

 

と発言する場面があるそうで、

精神鑑定に全てを委ねる形になりそうだ。

 

突然家族を襲った凶悪な事件…。

犯人と被害者家族の間には何か関係があるのでしょうか??

 

亡くなられた川上幸伸さんのご冥福をお祈りします。

広告

 - 未分類