鉄腕ダッシュで放送事故。無人島で生首が映る(画像あり)

imgres

      2016/10/12

鉄腕ダッシュ放送事故

無人島から船で海に出るという企画で

途中まで順調に進み、大きなトラブルもありませんでした。

しかし、とんでもないものが映ったとネットで話題になっています。

大海原に生首が浮く

04-10-1

 

国分が海に浮いている何かを発見しました。

それは何と…

 

08-7

 

まさかのマネキンの生首が!!

 

状態を見るとかなりの年代物なのでしょう(笑)

 

実は鉄腕ダッシュでは

過去にも流れ着いたマネキンの生首が放送されています。

 

どこから流れてきたのかは不明ですが、

夜に見るとかなりショッキングな映像ですね。

 

ちなみに手作りの船は2㎞ほど進んで、

帆が折れかかってしまったので

手漕ぎで帰るという結果になっていました。

 

以前にもマネキンの生首が

番組20周年を祝い、成人の儀式である

「褌祝い(ふんどしいわい)」を城島が行う。

 

褌を人に着せてもらい、

島にあるものでお歯黒作りに挑戦。

 

1

 

錆のついた釘を鍋で煮て、

煮汁に酢を加え歯に塗るお歯黒作り中に、

舟屋の天井に映ってはいけないものが映りこむ。

 

avi_000224131

 

舟屋の梁に漂流物のストックをしているのだが、

そこには流れ着いたマネキンの生首を飾っているのである。

 

天井に生首の数々がという

とんでもないミステリーハウスになっている理由は

明らかになっていない。

 

過去にとんでもない失態

TOKIOと電車がスピード対決をするという企画がありました。

 

電車が駅から発すると同時に、

TOKIO全員がリレー形式で走り

ゴールまでの距離を勝負するという伝説の企画です。

 

しかし、ここで衝撃の裏事情が発覚しました。

 

江ノ島電鉄の電車と

TOKIOのメンバーが競走する場面を撮影し

道路を無許可使用したとして

番組プロデューサー2人が書類送検されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引用元:https://vipper-trendy.net/tetsuwan-housouziko/

 

これに対し番組側は

 

「番組としては撮影は交通に影響を及ぼすものではなく

道路使用許可は不要と判断した。

検察庁の今後の判断を待ちたい」

 

とコメントしていました。

 

この事実を知っている人があまりいないので、

現在は鉄腕ダッシュの闇とも呼ばれています。

 

ネットでの反応

・これはあかーん!

 

・また漂流物w

 

・もう処分せえやそれw

 

・えげつないストックだなw

 

・こわいこわい

広告

 - 未分類