AV強要の恐ろしい闇と実態。元人気AV女優の麻美ゆまと穂花が暴露。

images

   

AV出演を強要された

そんな話が後を絶ちません。

業界ではどういった事が起こっているのか?

元AV女優の麻美ゆまさんと穂花さんが語りました

AV業界の恐ろしい闇

640x395xref_l-jpg-pagespeed-ic-60cq0lo9vj

 

彼女はグラビアアイドル「麻生由真」として

群馬から上京して活動していました。

 

しかし交際中の彼氏に

グラビアの仕事をやめてほしいと言われたので、

辞めようとしていました。

 

そこで、『グラビアの仕事を辞めさせてほしい』と

事務所の社長に相談しに行きました。

 

その時に突然、

事務所の社長から信じられない話を持ち出されました。

 

『契約してるんだし、無理だよ』

『でも私、群馬に帰りたいんです』

『えっ、なに言ってんの?

由真ちゃん、AVやんなきゃ辞められないよ』

〈えっ、何を言っているのこの人は?

AV? どーいうこと?

そんなのできるわけない。早く高崎に帰りたい!〉

何を言われているのか意味がわかりません。

『AVなんて、そんな話聞いてません。

無理です。私は高崎に帰りたいんです!』

『AVやれば月に何日か東京に来ればいいだけだし、

何も問題ないじゃん?』

『そんなの聞いてませんから!!』

 

泣きながら事務所を辞めたいと言っても、

『AVに出なければ、辞めさせない』の一点張り。

 

『やります』と言わなければ、

その場から離れられないような状況で本当に怖かった。

 

私の気持ちを少しも理解しようとしてくれず、

『なんで泣いてるの?』とまで言われ、

〈この人は人の心を持っていない〉と、思ったほどです。

大人って汚いと思った瞬間だったそうです。

 

こんな手口も

main1

 

歌手になりたくてボイストレーニングに通っていた

元AV女優の穂花さん。

 

「歌手になりたいのなら曲は実費で自主制作で出せるから」

「じゃあ、まずは写真の仕事から」

「雑誌の写真の仕事が入ったよ。しかも巨匠のカメラマンだよ」

 

と言われ、

水着グラビアだと思ってスタジオに向かうと

いきなりヌード撮影。

 

さらにはAVのメーカーが決まったと言われ

当然のように断ると、

 

「だって、契約したよね。口約束でも契約は契約だから。

イヤだと言うなら、600万円払ってもらうから」

 

と脅されてAV業界入りしたようです。

 

それでも歌手になれるならと思って我慢したら、

 

「次々と事務的にAVの仕事の連絡だけは入ってくるけど、

せめてもの心の支えだったCD制作の話はいっこうに聞こえてこない」。

 

「CDを自主制作するにはAVを最低3本、

つまり300万円を作れば出せるという話だった。

 

社長の知り合いだという

音楽レーベル会社と契約する予定になっていて、

そのレーベルの担当者とは何度か打ち合わせをしていた。

 

しかし、AV撮影をした直後に、

その担当者が私のカラダを求めてきたことで、

その話は頓挫してしまう」

 

AV出演強要なんて有り得ないとか

業界一丸となって主張する流れになっています。

 

麻美ゆまさん自身も

 

「誤解を招くといけないので言っておきますが、

この業界で、こんなひどい話は

そうそうあるわけではなりません」

 

とフォローを入れているとはいえ、

このようなAV出演の強要があることも事実のようです。

 

ネットの反応

・「じゃあ警察に行きます」で済みそうなもんだが

 

・何人も不審な死に方してる業界だからな。。

下手な事言えば。。

 

・契約書見せられても、

警察が動くと思うお前は18歳未満。

AVも見れないお子ちゃま。

 

・ 速攻で警察に被害届出して

弁護士相談駈け込めば出演せずに済むんだけど

こういうのやられる子って

そもそも頭が弱いからそこまで知恵が及ばず脱ぐらしいわ

 

・ 世の中の詐欺やぼったくりやさまざまな騙す欺く行為は

頭の良い人間を対象にしてないでしょ。

もちろん例外もあるけどだからと言って

許されるなんてことはないんだよ

 

・AV女優、風俗嬢は軽度知的障害が多い。悲しい現実

 

・ おねマスで麻美ゆまを初めて見た時に思った事だわ。

 

・なんでホイホイ出てんだよw

 

・麻美ゆまの話は知っていたが、

そういう経緯でAVはじめたのに

何故にああもノリノリだったのかw

 

・AVやったお陰で芸能活動できてんのに何言ってんだ

 

・無理やりだとバッキーだな。

 

無理やり契約で

あれだけプロ意識持ってAV女優ができるのは

誇りを持ってやってると思います。

 

病気にならなかったら

おそらく今もAVやっていたかもしれませんね。

 

AV業界の闇はかなり深いようです・・・

 

 

 

 

 

引用元:https://vipper-trendy.net/av-yami/

広告

 - 未分類