日本政府が禁止していた機能がiPhon7に仕込まれていたことが発覚!

cut2016_1008_0013_09

   

政府が禁止している機能が 9月16日に発売されたiPhone7に 搭載されていると話題になっています。

政府が禁止している驚愕の機能とは?

9月16日に発売されたiPhone7に カメラのシャッター音を消す機能が話題を集めています。   飲食店など周りの目がある所では シャッター音を気にして中々撮りたいものを 撮れなかったなどの経験をされた方にとっては 嬉しい機能ではないでしょうか!   しかし、嬉しい機能ではありますが カメラを消音にすることによって 盗撮などの悪用が考えられます。   なので日本では悪用防止のため カメラのシャッター音を消音にするようにされています。 ちなみにこの機能。今もまだ有効です。   iPhoneは韓国と日本製品について、 カメラの音を消すことが出来ない仕様を取り入れています。   ですが、今回簡単に音を消す方法が発見されてしまいました。 動画でも紹介されていたので紹介します。
 

シャッター音を消す手順は?

設定アイコンをタップ ↓ 一般を選択 ↓ アクセシビリティを選択 ↓ Assistive Touchをオンにする 最上位レベルのメニューのカスタマイズを選択 ↓ アイコン選択画面で「-」を押して カスタムだけ残す ↓ カスタムアイコンを選択 ↓ 消音を選択   以上の作業で、消音にすることが出来ます。   これで、ボリュームを消音にすると シャッター音とスクリーンショットの音を消すことが出来ます。   もちろん政府から要請があれば、 消音機能が使えなくなる可能性は十分あります。  

ネットでの反応

・マジで消えちゃったぞ!   ・アプデで、消さないようにしないで欲しい。   ・この裏技は、スゴすぎる!   ・悪用するやつが行けないんだよ。
  iPhoneでカメラ機能を使うのは、とても便利な機能なので シャッター音を消す選択肢は残して欲しいです。

広告

 - 総 合