イモトアヤコの登山についてまとめ【賛否両論】

【登山暦】芸人、イモトアヤコの登山についてまとめ【賛否両論】

お笑い芸人のイモトアヤコさんの登山関連の話について。登山暦と、彼女に対する賛否両論をまとめました。

イモトアヤコって?

お笑い芸人のイモトアヤコ

現在29歳のお笑い芸人のイモトアヤコさん。
現在フォーリンラブのバービーと東京ホルモン娘。というコンビを組んでいましたが自然消滅しています。

珍獣ハンターとして活躍しているイモトアヤコ

「世界の果てまでイッテQ!」の珍獣ハンターとしてレギュラー出演していたイモトアヤコさん。
この企画が大人気で、一躍人気者に。

イモトアヤコの登山暦って?


まずはキリマンジャロ

 

まずはキリマンジャロ

・「2009年6月 キリマンジャロ登頂」
アフリカ大陸で一番高いキリマンジャロは標高5895m、アフリカ大陸の最高峰で世界7サミットの一つ。 廻りに別の山がなく、アフリカ大陸を地平線まで見渡せるその頂上からの眺めは最高。

出典:アフリカ大陸最高峰を征派するキリマンジャロ・トレッキングルート選び

続いては中国にある崋山

中国の西安にある、五岳のひとつに数えられる崋山は険峻さが特徴で、北峰から金鎖関までは断崖絶壁の道がずっと続いているんだそうだ。

出典:断崖絶壁すぎる、中国崋山死の登山道 : カラパイア

さらにモンブラン

・「2010年9月 モンブラン登頂」
フランスとイタリアの
国境に位置しており
ヨーロッパアルプスの最高峰。
標高は4,810m。

出典:イモトアヤコが今までに登った山のまとめ。海外での登山歴の数々。 |…

イモトアヤコが登頂断念したアコンカグア

「2012年2月 アコンカグア登頂断念」
アンデス山脈にある南米最高峰の山である。標高 6,960.8 m。またアジア以外の大陸での最高峰でもある。アルゼンチンとチリとの国境付近のアルゼンチン側にある。

出典:アコンカグア | 山の最新情報、登山情報 – ヤマレコ

しかしその半年後にはマッターホルンを制覇

山体はピラミッド型で4つの斜面があり、東壁の落差は1,000 m、北・南・西壁はそれぞれ1,200 m・1,350 m・1,400 mほどである。東壁と北壁がツェルマットから見える。傾斜が激しい斜面では氷雪はわずかに残るのみである。雪は雪崩を起こして滑り落ち、場所によっては氷河を造り出す。マッターホルンの切り立った北壁は、アイガーおよびグランド・ジョラスと合わせ三大北壁と呼ばれる。

出典:マッターホルン – Wikipedia

イモトは山岳ガイド側から「ヘリコプターでの下山」を条件に登頂に成功しました。

一年後にはマナスル登頂に成功

・「2013年10月 マナスル登頂」
マナスルとはサンスクリット語で「精霊の山」を意味する。ヒマラヤ山脈にある標高8163mのネパールにある山。世界に14座しかない8000m以上の山で、世界第8位の標高を誇る。初登頂は日本隊で、それが成されたのは1956年5月9日のことだ。

出典:イモトアヤコが挑戦中のマナスル登山について語っておく

エベレストでのイモトアヤコ

イモトアヤコさん(28)が世界最高峰のエベレスト登頂に挑戦している企画を断念すると発表した。今月18日に起きた雪崩事故でシェルパ(ネパール人山岳ガイド)が大勢亡くなり、各国の主要な登山隊が撤退を決めたことなどを受けて判断した。

出典:「イッテQ」イモトさんのエベレスト登頂断念 日テレ:朝日新聞デジタル

素人暦数年の素人ながらここまでやったイモトアヤコさんの芸人根性って凄いですね。

イモトアヤコの登山に賛否両論

一部の登山業界からもイモトの登山企画に対して「カネにものをいわせている」などといった批判が起きているようだ。

「プロの登山家にしてみれば、イモトの存在は面白くないに決まっている。イモトのマナスル登頂は登山をサポートする『シェルパ』が13人もつき、業界で名の知られた一流のガイドや医師らが同行するなど、あまりにも豪華な陣容でした。費用も数千万から億のお金が使われた。

出典:エベレストは無理!? 『イッテQ!』イモトアヤコの登山企画に賛否 – ライブドアニュース

イモトアヤコの登山にはシェルパが13人ついた

登頂に失敗した登山家が『イモトでも登れたのに』などと言われたら立つ瀬がない。
~中略~
登山家たちのスポンサー集めにも悪影響が出る。登山家たちは命を懸けてやっているのに、テレビ局が大金を注ぎ込んでお遊びをやられたらたまったものじゃないですよ。

出典:エベレストは無理!? 『イッテQ!』イモトアヤコの登山企画に賛否 – ライブドアニュース


イモトアヤコを批判した野口健



イモトアヤコを批判した野口健

タレントのイモトアヤコさん(27)が12年9月にマッターホルンに登頂後、頂上から利用したときも賛否が分かれた。

~中略~

このときは、アルピニストの野口健さん(39)が自力下山できないのなら、登山とは言えないのではないかとツイッターで発言して話題になっている。

出典:野口健「イモトのヘリ下山はノーカン、三浦雄一郎のヘリ下山は登山と言える」 : きま速

たしかに独りで登山している人から見れば贅沢かもしれません。

しかし、芸人なのに大陸最高峰レベルの山々を次々と登頂しているイモトが凄いのも事実。これからも批判にめげず、頑張って欲しいですね。

関連記事

return top