路上に捨てられていた2匹の子犬。子犬が更に小さな子犬をギュっと抱きしめ守っていた(ベトナム)

b563f822
ベトナム、ホーチミン市の街頭の片隅で怯えるようにうずくまっていた2匹の子犬。大きい方の子犬が、小さい方の子犬を守るようにギュっと抱きしめていた。

ここを通れば誰もがその光景を目撃することになるのだが、通行人は誰も足を止めようとしない。そんな中、子犬たちを見かけたパゴダ(仏塔)の修行女性たちが、この子犬たちに救いの手を差し伸べた。

仏塔でこの2匹を受け入れることにしたのだ。

スポンサードリンク
大きい方の子犬は寺についても、
小さな子犬を守るように抱きしめ続けていたという。

3_e18

食べるものもなく、衰弱しきっていた2匹だったが
お互いに寄り添い合うことで寂しさと飢えをしのいでいたようだ。

2_e20

おそらくは誰かに捨てられたのだろう。そのおびえた様子からは、街頭でどんな目にあってきたのかを想像するのは難しくない。

1_e22

それでもまだ完全に人間のことを信じることを止めたわけではなかった。
2匹は徐々に心を開いていった。

5_e10

今では安全もごはんも約束された場所でリラックスしているという。
二足立ちが得意な小さな子犬

4_e16

大きな方の子犬は座禅を学んでいるそうだ。
背筋を伸ばし胡坐を組むのが上手になった。

7_e6

瞑想にふける大きな子犬
6_e7

これからは仏さまが犬たちを見守っていてくれるだろう。
8_e6
引用:http://karapaia.livedoor.biz/archives/52222506.html

関連記事

return top