出会った時から冒険だった。2匹の捨て猫と巡り合い、数々の困難を乗り越えながら一緒に旅を続けた2匹と2人旅

da962dc5

アウトドア好きのダニエルさんとケイリーンさんは、ハイキングやカヤック、キャンプの旅に出ようとするその前日の夜に、公園の茂みに捨てられた2匹の子猫を発見した。

保護施設に連れていこうと考えたが夜も遅く既に閉まっていた。雨も激しく降っていた。このままでは子猫たちはどんどん衰弱していってしまうだろう。翌朝は早朝に旅に出なければならない。預かってくれる人を必死に探したが見つからなかった。そこで2人は考えに考え、そして最終的にこう結論を出した。

「うん!一緒に連れて行こう!」

2人のパーティは4人(2人と2匹)パーティとなった。旅は道連れ世は情けとはいうが、まだ小さい子猫をいたわりながらの旅はかなりきつい。だがそれに有り余るほどの貴重な経験が、旅の楽しさを何倍にもしたという。

リュックにすっぽり入ってさあ、出発だ!

1_e

カヤックの時は1匹ずつダニエルさんとケイリーンさんのお腹の中に
それぞれすっぽりと入りながら。

2_e

毛の長い方がボルト。好きなものは抱っこ、ものを飛び越えること、カヤック、水泳、キールを舐めること。名前はロッククライミングに使用する金具の『ボルト』から

4_e

こちらがキール。好きなことは鼻をかじること、背中を掻いてもらうこと、登ること、ハイキング、雪に足跡をつけること。名前はヨットの『キール』から

8_e

旅を通して深い絆を築き上げていった2人と2匹
もう離れて暮らすことなんかできやしない。
この旅の後、2匹はダニエルさんの家族となった。

5_e

猫たちの一番のお気に入りはジャケットの中。
この中に入っていればとてもご機嫌だ。

6_e

カヤックに乗る姿も様になってきたようだ。

7_e

迷子にならないよう、常に見守り歩くときは必ず体のどこかに装着

3_e

猫たちにとっては初めての大冒険だけど、
まったく動じることなく旅を楽しんでくれていたようだ。

9_e

10_e

11_e

12_e

この旅を終えた後も、2人と2匹のパーティは、様々なアウトドアへ出かけている。その様子はインスタグラムで日々更新されているので要チェックだ。

13_e

14_e

15_e

 

 

 

 

 

引用元:http://karapaia.livedoor.biz/archives/52222488.html

関連記事

return top